長野パルセイロへの期待

長野県のJリーグ元年。
世間の注目はどうしても信州発のJクラブ、松本山雅へと向けられ、長野パルセイロの関係者の皆さんは歯がゆい思いをされているかもしれません。
ですが、自分は今シーズン早々の長野パルセイロがスポーツディレクターに足達勇輔氏を迎えた、というニュースを聞いて、パルセイロというクラブの「思い」や「覚悟」を感じました。
先日も足達さんとお話をする機会がありましたが、「スポーツを文化にしていくことの意味」や「スポーツで人々を幸せにしていくことの素晴らしさ」について熱く語られていて、改めて本当に素晴らしい方が長野に来てくれたなと感激しました。
パルセイロはスタジアムという課題と向き合っていますが、長野市や北信地域にサッカー、スポーツ文化を根付かせること、つまり地域の人々がスポーツのある日常を必要とするようになることこそ、ハード面整備への最短の道筋なのかもしれません。
長野パルセイロの挑戦を長い目で応援していきたいと思います。
AC長野パルセイロ公式


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>