柏レイソルの「地域密着」結実に思う

日曜日の信毎にJ1で初優勝した柏レイソルの記事で興味深い文章がありました。
柏は2006年のJ2降格で玉田、矢野、明神ら主力の相次ぐ流出や有望新人獲得が出来なくなったことでチームの強化方針の変更を迫られたそうです。
その時、チームは栗沢、増嶋、兵藤ら千葉県出身の選手を獲得し、さらに酒井、工藤、茨田ら下部組織の選手を積極的にトップへ昇格させることで「地元愛」を連帯を強めたそうです。
一見、チーム事情が苦しくなった時の「苦肉の策」であり「遠回り」のようですが、その強化策が数年後のJ1初優勝につながりました。
レイソルのゴール裏のあの熱狂的なサポーターも「地元愛」に支えられている部分も大きいのでしょうね。
Jリーグ昇格を勝ち取った今シーズンの松本山雅も今井、塩沢、小松など長野県出身の選手が活躍していたのも印象的でした。
大震災に直面した今年は改めて人と人との絆や連帯感の大切さ、尊さを考えさせられた年でした。
中野エスペランサも改めて「地域愛」について考え、真の意味で地域から愛され必要とされるクラブを目指して前進いきたいと思います。
1206.jpg
日曜日の信毎スポーツ欄


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>