松本山雅のJリーグ昇格に思う

長野県サッカーに関わるサッカー人として長野県からJクラブが誕生することは長年の「悲願」でした。
本当にわずか数年前まで長野県にJクラブが誕生することは想像も出来ませんでしたから。
思い返せば今シーズンの松本山雅はシーズン序盤の監督交代劇、松田直樹の急死などの苦境の連続でしたね。
そんなクラブを支えたのは間違いなくJリーグ昇格にかける多くの人の熱い「思い」でした。
まさに人の思いが人を動かし、事を動かしたのです。
だからこそ昇格の感激、喜びも大きかったのでしょう。
多くの人と思いや心を「共有」し、悲しみも喜びも「共有」する、本当に素晴らしいですね。
自分も大きな勇気とパワーをもらいました。
長野県のサッカーの挑戦はまだまだ続いていきます!!
1205.jpg
見開き2ページを使って大々的に報じる今朝の信毎


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>