月別アーカイブ: 2015年2月

vol.13 名将の言葉

勝つ事が全てではない、勝つ為に努力する事が全てである。

フットボールはフットボールでもアメリカで絶大な人気を誇るアメリカンフットボール。その最高峰NFLのチャンピオンチームを決める試合『スーパーボウル』の勝者に贈られるトロフィーの名前になっているNFLの伝説的な名将『ヴィンス・ロンバルディ』さんの言葉です。

ここ数日、この言葉の意味を凄く考えさせられています。というのも、U15チーム全体に漂って雰囲気があまりにも良くないと感じるから、、、、

何の為にサッカーをしているのか?個人個人いろいろな理由があると思うけど、夢や目標を持たずに練習や試合をして何の意味があるのだろう。

確かに、気の合う仲間と楽しく和気藹々と何でもいいよいいよとサッカーを楽しむ事も人生において大いに糧になり財産になると思う。

だけど、だけど、、それで心の奥底から湧き上がってくる嬉しさや悔しさが味わえるのだろうか、、、そういう言葉では表現出来ない経験こそ人生の糧になり財産になると思う。一所懸命努力する事で、大切な家族や人との絆が深まるんだと思う。

今現在、こういう雰囲気になっているのは、僕も含めスタッフの責任によるところが大きい事も事実。よく卒団生がチームに戻って来ないと嘆く。けれど、選手達にそういう経験をさせてあげれているのだろうか、、、僕らは大袈裟かもしれないけれど、彼等の人生を預かっているのだから、もっともっと彼等に向き合うべきだ。

ホワイトリンクの片隅でそんな事を考えた週末でした。