タグ別アーカイブ: 外国 Player スポーツ

「選手」と「Player」の違いに思う日本サッカー強化策

日本サッカーはここ10数年で大きな躍進を遂げました。
ただ今尚、海外の強豪国・伝統国とは大きな差があるように感じます。
今回の代表欧州遠征はかなりやられた感のあるフランス戦、相変わらず何もさせてもらえず惨敗したブラジル戦、と強豪国との力の差は歴然でしたね。
その差はどうやったら埋まるのか、追いつき追い越せるのかー。
そんな中、昨日の講演会後の懇親会で山ノ内中学校の部活動の外部コーチをされている方から良い話が聞けてハッとしたので紹介します。
それは「選手」と「Player」の違いについてのお話でした。
日本ではスポーツをする人を「選手」と呼びます。
それに対して外国ではスポーツをする人を「Player」と言いますよね。
この違い分かりますか?
「選手」とは文字通り「選ばれた人」です。
「Player」とは文字通り「楽しむ人」です。
分かり易いですよね。
日本におけるスポーツは富国強兵政策の中での「訓練」の一つでした。
それに対し、海外におけるスポーツは人生を豊かにする「楽しみ」だった。
つまり、日本におけるスポーツは「非日常」であるのに対し、海外におけるスポーツは「日常」つまり「文化」だったのです。
遠回りに思えるかもしれませんが、日本サッカーの強化策はスポーツを「非日常」から「日常」、「文化」にしていくことだと思います。
中野エスペランサのような地域クラブの日々の活動こそ、大きな意味で日本サッカーを支えているのです。