代表の試合を見るたびに

昨日行われたアジアカップ予選で日本代表はインドに6-0で勝利しました。試合内容の評価は専門家にお任せするとして、個人的に代表の試合を見るたびに思い出す言葉があります。

「代表の弱い国のサッカーは盛り上がらない。」

同じことがわれわれの地元、中野という狭いエリアにも言えると思うのです。中野エスペランサ社会人(TOP)チームは昨年、県2部リーグへの昇格を果たし今年は新しいフィールドでの戦いとなります。ドイツワールドカップでの日本代表の戦いぶりが日本のサッカー熱を左右すること同様に、今年のエスペランサトップチームの戦いぶりが中野のサッカーの盛り上がりを左右すると思っています。今週の日曜日は北信越リーグの雄、上田ジェンシャンとの練習試合。4月のシーズン開幕に向けてチームの挑戦は続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>