プリンスリーグ

高校(ユース)年代日本一を競う大会「高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権」への参加資格を得るための「プリンスリーグ」が開催中です。

さて、我らが北信越はどうなっているかということで探してみたら、結果が掲載されているサイトを発見しました。

http://www.geocities.jp/plhokushinetsu/

長野県からは、松商学園、東海第三、武蔵工大二、上田の4校が参加していますが、5月21日現在、松商がBグループ1位、上田がBクループ3位と健闘しているのに対し、東海がAグループ7位、武蔵がAグループ最下位の8位と苦戦しています。

Aグループが厳しい組み合わせとはいえ、昨年の総体長野県チャンピオンの武蔵が、1点も奪えずに全敗しているのが気がかりです。

北信越唯一のJ下部組織、アルビレックス新潟も意外と苦戦していますね。

高円宮杯出場枠の出場枠は「2」

今後の結果に注目です。 頑張れ、長野!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>