代表、イエメン戦

今日はU-15体験入団を終了後、代表のイエメン戦を観戦しました。感想をいくつか。
岡崎は良い選手ですね。豊富な運動量で動き出し、動き直しを繰り返し相手DFを混乱させていました。ポストプレーも無難にこなします。代表初ゴールも良かったですね。今後に期待大です。
後半の終盤に登場した乾、金崎は注目していましたが、残念ながらチームの流れを悪くしてしまいました。シンプルなパスではなく難しいパスやドリブルを選択し何度もボールを失ってしまいました。緊張もあったでしょうか。
また相手のドン引きはあったとはいえ、イエメンはシュート1本で1点。日本はシュート33本で2点・・・。一方的な内容の割りには崩しきれていなかったしゴール前での決定力不足は明らかでした。「永遠の課題」克服の道は険しいですね。
さらに元代表3人の解説は日本のほめ殺しというか、そんなによく言わなくてもいいでしょ、みたいな感じで何か気持ち悪かったです。
以上、あくまで個人的な意見でした(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>