第6回フットボールカンファレンス報告

第6回フットボールカンファレンスから帰ってきました。
平日を含む開催日程ながら、1100名もの指導者が海外、日本全国から金沢市に集まりました。まあこれだけでも物凄いことです。情熱を持った指導者はたくさんいますね!!
今回のテーマは「世界のトップ10を目指して」~みんなつながっている~
ヨーロッパや南米の最前線での活躍する指導者が、このテーマにそって講演やパネルディスカッションを行い、それを受けて日本がこれから何をしていくべきかを考えるという内容でした。
海外からの講演者は
UEFA技術委員長、アンディ・ロクスブルグ氏
フランスサッカー協会テクニカルディレクター、ジェラール・ウーリエ氏
ドイツサッカー協会指導者養成チーフ、ベアント・シュトーバー氏
メキシコプーマススーパーバイザー、マウリシオ・ペドロッサ氏
普段なかなか情報のない世界のトップの最前線にいる指導者の「現場」の具体的な話がたくさん聞けて良かったです。とても、勉強・刺激になりました。
またA級やB級でお世話になったり、大会や遠征などでお世話になっている県外の「サッカー仲間」とも様々な話が出来たことも収穫でした。
~みんなつながっている~とは
代表もグラスルーツもユース育成、指導者養成もみんなつながっているということ。つまり日本全体での強化していかなければいけないという話でした。
それは我々の中野でも同じことですよね。いかに地域でそれぞれが頑張っていることをつなげてベクトルを合わせていけるか、自分としてはそんな感じで重ね合わせて聞いていました。
今回のカンファレンスでたくさんの人にパワーをもらいました。
また頑張っていきまっしょ。
090118.jpg
【音楽堂入り口の案内。ちなみに講演中の撮影、録音は一切NG】
090116.jpg
【金曜に行われた懇親会。もの物凄い人!!】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>