A級前期講習会報告

A級前期講習会を振り返って感想をいくつか。

予想通りA級講習会は大変なものでした。1週間で3kg痩せました・・・。

ですが、本当に勉強になった講習会でした。B~D級が「個」を改善するのに対し、A級では「チーム全体」を改善しなければなりません。ということは、当然一つの「改善テーマ」に対し改善チーム11人の動き、そしてそれを引き出す相手チーム11人の動きをすべて把握し、それに対しコーチングを出来なければなりません。

つまり、サッカーの仕組みすべてを把握していなければコーチングは出来ないということです。

今回の講習会で自分が一番感じたことは「勉強不足」ということでした。いかに自分がサッカーを知らないのか、あやふやな知識としてしか認識できていないのか、痛感させられました。もう一度勉強し直し自分なりに整理しなければ、後期講習会での合格はないでしょう・・・。指導の実践のトレーニングとして、後期(11月)まで地元高校の指導を週一でお願いする予定です。

また、今回の講習会では、多くの人脈を作ることができました。関東、関西のJチームのユース、ジュニアユースの指導者とも交流を持つことができました。このことも指導者として一生の財産ですね。

P.S.

A級ともなるとやはり受講者には有名選手が多く、元日の丸でエスパルスで長年プレーした沢登選手や、こちらも元日の丸、グランパスのスーパーサブ的存在だった森山選手をはじめ、多くの元Jリーガーと共にプレーすることができ様々な助言もいただきました。これもお金では買えない経験でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>