北信越1部リーグも残り3節

激戦の北信越1部リーグも11節を終了し残り3節となりました。最新の順位表は・・・

   チーム         勝点  得失点差

1 J.S.C          28     26

2 長野パルセイロ     25     16

3 松本山雅         24     28

4 ツエーゲン金沢      24     22

5 フェルヴォローザ石川  18     12

6 ヴァリエンテ富山      6    -18

7 新潟経営大学       4     -46

8 上田ジェンシャン      1    -40

山雅が前節でフェルボローザに敗れたことでJ.S.Cが頭一つ抜け出した感じになりました。2位のパルセイロはJ.S.Cと直接対決が残しているものの得失点差10の逆転は厳しい数字です。3位の山雅もJ.S.Cとの直接対決は残っていますが自力優勝はありません。

勝負の世界なので何が起こるかわかりませんが、数字的にはJ.S.C有利と言えるでしょう。

ジャパンサッカーカレッジHP → http://www.cupsnet.com/

昨年も優勝したJ.S.Cは当ブログでもよく話題に上がる、J1アルビレックス新潟のアマチュア組織。感じ的には3軍、4軍みたいな所でしょうか。いざとなれば上から選手を降ろしてこれます。仮にJ.S.CがJFLに昇格すれば現在北信越2部のこれまたアルビレックス系列のCUPSが1部に昇格してきて、現在のJ.S.Cみたいな存在になっていくのでしょう。

そう考えると大きく言えば、北信越1部優勝を目指すチームはアルビレックス新潟と戦っているような感じにも捉えられますね。アルビレックス新潟はやはり素晴らしいクラブで、その力は強大。北信越リーグを勝ち抜くことは本当に大変なことですね・・・。

今週末、1日(日)は南長野で信州ダービー。長野からJを目指すAC長野パルセイロと松本山雅、どちらも負けられない戦いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>