フットサルに対する疑念

長野県サッカー協会HPにJFAファミリーフットサルフェスティバル2006の案内がUPされていました。

http://www.fa-nagano.jp/iinkai11-36.htm

その要綱の中で気になったのが、参加資格「2006年度日本サッカー協会フットサル個人登録済であること」です。「ファミリーフットサルフェスティバル」と言いながらJFAの登録が済んでいないと参加できないようです。これってどうなんでしょうか。これからフットサルをしてみたいという人もお金を払って登録しないと参加できないのですよね?本気で「普及」に努める気があるのでしょうか・・・。

あくまで個人的な意見ですが、サッカーとフットサルの両方に関わっている人間としてフットサルにはいつも「お金」がついて回ります。

エスペランサU-15が毎年参加している県のフットサル選手権では、その大会の為「だけに」JFA個人登録を済ませ、サッカーでは考えられない高額な参加費を支払いエントリーしています。育成年代の大会ですよ。思わず1試合いくら?と計算してしまうくらい高額です。しかも大会パンフレットの配布数は1チーム数部。こりゃ、ボッタクリか?みたいな・・・

先月、フットサル4級審判員の更新講習会を受講してきました。その講義では、冒頭10分以上はルールブックの誤字脱字、図解誤りの訂正でした・・・。一生懸命に講義している恩師の担当インストラクターの方がかわいそうに思えました。

やる気あるんでしょうか?・・・まあ、お金集めの方はやる気満々ですけどね。

近年、人気が出てきたフットサル。でも協会がそれにあぐらをかいて間違った方向に行ってしまえば終わってしまいますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>