情熱

今日は家業のエノキだけの仕事が早く終わったので、ブドウの剪定(せんてい)という作業を教えてもらいに親戚の方が作業している畑に向かいました。

その方は「教えるなんてことはうまく出来ないから見て憶えてね」なんて最初は笑って言っていたのですが、とにかく一生懸命に教えてくれたのです。その方がどんな思いで農業をしているのかという話も目を輝かせて話してくれました。

自分はブドウの仕事は午前中で終わりにして、午後は別のことをしようと思っていたのですが、その方があまりにも真剣に自分と向き合い、本気で教えてくれようとしていたので、午後も自然とブドウ畑に向かってました。

自分もその仕事に集中できていたし、楽しくなってきたのでしょう。あっという間に時間が過ぎました。うまく言えないけど、その方の真剣な姿勢に引き込まれていたのだと思います。

「本気」って人の心を打つんですね。

サッカーの指導も同じですよね。すごく考えさせられました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>