愛読書紹介『ゴールは偶然の産物ではない』

今週末は不覚にもインフルエンザにかかってしまい、この2日間は布団の中で過ごしました。
もしかしたら、ここ数年時間に追われ飛び回っていた自分に神様が「たまにはゆっくりし~なさい♪」と諭してくれたのかもしれませんね。
さて、今日も布団の中で読んだ中野エスペランサのクラブ作りの土台となった本をご紹介します。
『ゴールは偶然の産物ではない』 フェラン・ソリアーノ 2003~2008年 FCバルセロナ最高責任者
この本は自分がクラブの経営だけではなく、様々なことをマネージする際の考え方のベースとなった一冊です。
著者のフェラン・ソリアーノは巨額負債により破綻寸前だったFCバルセロナをわずか4年で再生し、世界No1クラブへと導いた経営者です。
タイトルの『ゴールは偶然の産物ではない』とあるように、「論理とは確率論」なのです。
いかに論理を突き詰め、成功のための確率を高めていくか、このことはクラブ経営はもちろん、会社経営・人生設計にも共通する考え方です。
自分は以前、高校生の時に暗記が主体の受験勉強に嫌気がさした、と書きましたが、二十歳を過ぎて「物事をマネージする」ということが楽しくなってからは、自然とマネージメントの本を読みあさっていました。
暗記や知識には限界がありますが、マネージメント(物事を論理的に考える力)には限界がありません。
つまり、マネージメント力を高めていくと、その人が実現できることの可能性が無限に広がっていくのです。
是非、ご一読ください♪
6.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>