JFL1年目、長野パルセイロの大活躍

メディアは松本山雅のJリーグ昇格劇の話題一色ですが、今年のJFLで山雅を上回る2位となりリーグを盛り上げたのが昇格1年目の長野パルセイロです。
パルセイロは残念ながらスタジアム等の諸条件がクリア出来ず、まだJリーグに昇格することは出来ませんが、最後まで優勝争いに加わる見事な戦いぶりだったのではないでしょうか。
また今シーズン、ホームの南長野に3,000人を超える観客が集まるようになったのことは北信地域にとっても素晴らしいことです。
もちろん、ライバル山雅の昇格はパルセイロ関係者にとっては「複雑な」心境かもしれません。
でも、長野県においてサッカーというスポーツの注目度が増したという点ではパルセイロとしても「相乗効果」を期待できるのではないでしょうか。
今シーズンのパルセイロの大活躍に拍手を送ると共に、今後近い将来パルセイロがJリーグの舞台に上がれるように願っています。
数年後、信州ダービーがJリーグの舞台で実現したら長野県サッカーは更なる盛り上がりを見せることは間違いありませんから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>