「生きる」

3.11の大震災、松田直樹の急死、と健康な人がある日突然、何の前触れもなく死ぬ、というなかなか受け入れられない現実に相次いで直面しました。
人は誰でも死にます。
それが遅いのか早いのかは寿命、天命であり、ある意味「運命」なのかもしれません。
自分だって、このブログを読んでくださっている皆さんだって、今日何かのアクシデントで死んでしまうかもしれないのです。
セミは地上に出てきてわずか一週間で死んでしまいます。
でもその間、セミはあの小さな体からは想像できないほど大きな声で鳴き続けます。
ホタルも成虫になってからわずか一週間で死んでしまいます。
でもその間、ホタルはあの小さな体からは想像できないほどの輝きを放ちます。
みんな死があるから精一杯生きるのでしょう。
死と向き合うことは、生きることと向き合うこと、です。
自分も限りある人生を精一杯生きていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>