長野県サッカー新時代

昨日、今年長野県から松本山雅、長野パルセイロの2クラブが参戦するJFL(日本フットボールリーグ)の1、2節の日程が発表されました。
2年前までJFLに参戦できるチームがなかった長野県が、この2年で2つのクラブが全国リーグの舞台に旅立ちました。まさに長野県サッカー「新時代」ではないでしょうか。
よく、長野県はサッカー後進県なのだから2チームは合併して1チームにした方がいい、と言われるし、長野県サッカー協会が両クラブに合併の働きかけをした経緯も信毎に載っていました。
自分も富山県のJFLだった2クラブ、YKK、アローズ北陸(北陸電力)が合併し、現在J2のカターレ富山が誕生したニュースを聞いた時、長野県も合併した方が良いのでは、と思ったこともありました。
でも今、自分はこう思います。
面積の広い長野県で地域の離れた2大都市にそれぞれJを目指すクラブが存在し、お互いに高め合う中で県内のサッカー熱が高まっていくことは、むしろ「長野モデル」?じゃないですけど良い方向に行く可能性があるのでは、と。
Jリーグの理念であり、サッカーの大きな魅力の一つは「おらが町のクラブ」を応援することです。
自分達はどうしても長野「県」を意識してしまうけど、サッカークラブのベースは「県」ではなく「都市」「町」です。
そこはプロ野球と違うところですよね。野球のグランセローズのような県民球団という考え方でなくていいと思うのです。
もっと言えば、長野県は山が多く、それぞれの「盆地の文化」が歴史を重ねてきました。
松本は松本城、長野市は善光寺、という分り易いそれぞれの町づくりのシンボルもありますよね。
平地が多く県庁所在地の富山市に集まりやすい富山県とは環境的にも違うでしょう。
また長野の両雄が激突する「信州ダービー」はエルクラシコ(バルセロナvsレアルマドリード)、多摩川クラシコ(フロンターレvsFC東京)などのように長野のサッカー活性化の起爆剤になるかもしれません。
もちろん、スポンサーの獲得などお金の面を考えれば合併という考えも理解できます。
でもこの前の松田直樹のコメントじゃないですけど「お金じゃない」たくさんの魅力があるのが我々の愛するサッカーというスポーツです。
今年の長野のサッカーを熱くする松本山雅、パルセイロ、両クラブの大活躍に期待しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>