月別アーカイブ: 2012年4月

今週の普及活動について

今週の普及活動の予定は下記の通りです。
◆フットサル広場 4月21日(土) 中野市民体育館 20:00~21:30
尚、下記の教室は年度の切り替え、サッカー場の新設に合わせ、それぞれリニューアルし、再開予定です。
詳細は改めてアナウンスさせていただきますのでお楽しみに!!
◆ガールズ教室・レディース教室は2012年5月より「なでしこスクール」に統合し、再開予定です。
◆「ジュニアスクール」は2012年6月よりニューアル再開予定です。


トップチーム、トレーニングマッチ結果

15日(日)に行われたトレーニングマッチの結果です。35分×4本
中野エスペランサ 0-0 長野日大高校
中野エスペランサ 0-0 長野日大高校
長野俊英高校 1-0 中野エスペランサ
中野エスペランサ 2-1 長野俊英高校
ご声援ありがとうございました。


北信タイムス連載②竹内進吾選手

今朝の北信タイムス連載「希望の赤星 中野エスペランサ」の第2弾は守護神、竹内進吾選手の紹介です。
仕事や家庭などプライベートのことも多く触れられていて楽しく読めますよ。
是非、ご覧ください。
0413.gif
来週は今週に引き続き、GK望月健一選手です。
お楽しみに。


U-15、第1回北信北トレセン開催

今日はU-15の24年度第1回北信北トレセンが開催されました。
今回はトレーニングの前に、長野県サッカー協会ユースダイレクターの赤穂さんによる「説明会」が行われ、トレセン活動の主旨や活動内容について選手・保護者が説明を受けました。
自分が北信北トレセンに関わって10年以上経ちますが、今回のような説明会が行われたのは初めてで、年度はじめのタイミングで活動への理解を深められ、共有できたことは有意義だったと思います。
また、今回はU-13、U-14、U-15、GKのカテゴリーで約80名の選手と10名の指導者の参加があり、非常に活気あふれるトレセン活動になりました。
『選手が所属する「チーム」の枠を超えて、「地域」で選手を育成していく』
地域の選手達のためにどうやってステップアップの舞台を整備していくのか、我々指導者のビジョンが大切になります。
今日は中学校のクレーのグラウンドでしたが、来月からは新設される中野市サッカー場が北信北トレセンの活動の拠点になります。
環境面の整備も育成のための大切な要素ですよね。
北信北の選手育成へのチャレンジが続いていきます。
12.jpg
【赤穂さんによる説明会の様子】


U-15長野県トップリーグ2部順位表(2節終了時)

U-15長野県トップリーグ2部の順位表(2節終了時)です。
順位 チーム名 (勝点,得失点)
 1 佐久サーム (4,4)
 2 ヴィエント裾花 (4,3)
 3 中野エスペランサ (4,2)
 4 アビエス (4,1)
 5 上田三中 (3,3)
 6 松本山雅FC (3,0)
 7 戸倉上山田中 (0,-4)
 8 旭町中 (0,-9)
2節にして早くも全勝チームがいなくなり、混戦模様です。
中野エスペランサはリーグ優勝と1部リーグ昇格を目指して戦います。


【動画】ブンデスリーガ第28節、ドルトムント vs シュトゥットガルト

少し前の試合になりますが、3月30日のブンデスリーガ第28節、ドルトムント vs シュトゥットガルトのハイライト動画です。
自分はこの試合を見て正直「感動」しましたね。
攻守の切り替えが速く、躍動感に溢れていて、そしてゴール前の凄まじい攻防、勝利への執念、と本当に見ごたえのある試合です。
ブンデスリーガには、ヨーロッパ他国のリーグにはない何か「熱いもの」を感じますね。
ちなみにこの試合、ドルトムントの香川が先制ゴールを挙げ、シュトゥットガルトの酒井もフル出場、と日本人選手の活躍も見られます。
岡崎は怪我で欠場したようですね。


ニコ動の激しい人達(笑)のコメントは右下の・・・ボタンで消せますよ。


クラブの「責任」

今朝のニュースリリースでJリーグを目指す関東リーグ所属のSC相模原の2選手が逮捕された、という記事が目に止まりました。
遠い関東のチームのことですが、自分には他人事には思えませんでした。
「明日は我が身」ですから。
この事件がSC相模原というクラブに与えるダメージがどれほど大きいものなのか、想像に難くありません。
中野エスペランサも多くの「パートナー(仲間)」の皆さんに支えられて活動しています。
我々には「責任」があり、それは当然、成績だけのことではありません。
今日のトップチームの練習後のミーティングでもトレーナーの大塚先生が今回の事件のことに触れて、選手達にしっかりと釘をさしていました。
自分も中野エスペランサの選手・スタッフが常に「感謝の気持ち」そして「責任」を感じながら日々活動していくように、継続的に働きかけていかなければいけない、と改めて感じた今回の一件でした。
地域から愛され、必要とされるクラブを目指して中野エスペランサの挑戦は日々続いていきます。
YahooNews(とんだ連係プレー!SC相模原の2選手が届けた財布だまし取る)