月別アーカイブ: 2011年12月

御礼

いよいよ大晦日ですね。
ご報告ですが、皆さんにご愛読いただきました当ブログが今月、100万アクセスを超えました。
また自分のTwitterのフォロワーもいつの間にか1000人を超えていました。
SNSでも多くの方につながりを持っていただき、支えていただいたことに感動しております。
今年も本当に多くの方に支えられてこの大晦日を迎えることが出来ました。
心から皆さんに感謝致します。ありがとうございました。
大震災に見舞われた今年は人と人との「絆」「つながり」の尊さを改めて学んだ年でした。
来たる2012年も多くの方との絆やつながりを大切に前進していきたいと思います。
皆さん、良いお年を!!


「初蹴り」開催のお知らせ

来年1月3日(火)に恒例の中野エスペランサ「初蹴り」を行います。
南宮中第一体育館で9:00~12:00までフットサルの試合、お年玉付きPK戦を楽しみます。
現役選手、OB等誰でも参加可能ですのでたくさんの方の参加をお待ちしています。
【連絡】
トップチーム選手、OBはお年玉付きPK戦用の景品を持参してください。
景品はどんなものでも構いませんので中学生達が喜ぶものをお願いします(笑)


U-14長野県クラブ選抜茨城遠征

U-14長野県クラブ選抜が茨城県に遠征中です。
この活動は自分が技術委員長を務めさせていただいている長野県クラブユース連盟の育成活動で、クラブ所属の中学2年生37選手が2泊3日の日程でコパレスチに参加しています。
自分は残念ながら仕事の都合で不参加ということで電話で様子を確認しています。
昨日は1日目でA・Bチームとも1勝1敗だったようですね。
レベルの高い関東の大会ですのでセレクトされた選手達と言えども簡単には勝たせてもらえないでしょう。
だからこそ選手達も良い経験を積めていると思います。
頑張れ、長野県サッカーの将来を担う選手達!!
尚、遠征のレポートは改めて長野県クラブユース連盟HPに掲載される予定です。
1228.jpg
昨日早朝に佐久を大型バスで出発する選手達


自分が考える育成のためのリーグ戦の理想形

自分は現在建設中の(仮称)中野市多目的サッカー場が完成したら行いたいリーグ戦があります。
(仮称)中野市育成リーグ、としましょう。
人工芝でナイター照明がつくという環境で、毎週平日の夜に「育成のための」リーグ戦を行うのです。
対戦はキッズ vs U-7、U-7 vs U-8、U-8 vs U-9・・・・・小6 vs 中1・・・・・・中3 vs 高1・・・・・高3 vs 社会人というように地域の中の先輩が後輩に胸を貸す、という形式で行います。
自分達が後輩に胸を貸すのと同様に、先輩が自分達にも胸を貸してくれるという形です。 
ピッチは小学生用の8人制の2つのコートを同時に利用して一度に32名が試合を行います。
もちろん選手は控えなしの全選手スタメン。
さらに能力の高い子は飛び級で上の学年でプレーし、逆に始めたばかりや同学年の試合ではなかなか思うようにプレー出来ない子は下の年代の学年に入れてあげる。
またスコアや勝敗は付けず、試合の中で指導者が対戦した「相手チームの」選手からMVPを選出し、試合終了後に受賞理由を全選手の前で発表して記念品を贈呈します。
いかがですか?
子供達がチャリンコで通える距離の場所で、先輩や後輩達と協力しながら、全選手がスタメンでのびのびとサッカーを楽しめるリーグ戦が毎週平日に行われるのです。
このような設定であれば地域の中の世代を超えた交流にもつながりますよね。
もしこのリーグが実現できたら中野のサッカーは絶対にレベルアップすると思います。
↓のコメント欄も活かしてありますので是非皆さんの意見も聞かせてくださいね。
サッカー場が完成することももちろん素晴らしいことですが、そのハードを利用してどんな活動を行うかが大切になります。
選手全員が輝ける(仮称)中野市育成リーグ、是非やりましょう。


U−15、激闘のトップリーグを終えて

昨日、U−15長野県トップリーグ2部プレリーグが終了しました。
● 0-2 諏訪FC
● 2-3 ボニートンFC
● 1-5 高陵中
○ 5-1 戸倉上山田中
○ 3-2 開成中
○ 1-0 シンカーズ
○ 8-0 塩尻アルマーレ
結果は上記の通り、3連敗後の4連勝。
チームの序盤は本当に不甲斐ない試合を続け、3戦目で大敗した時にはチームは「崩壊寸前」でした。
そんなチームが劇的に変わったのが、4戦目の戸上中戦でした。
前半、相変わらず試合開始からエンジンがかからず早々失点。
連敗中のチームはその時、誰もが「降格」の2文字が頭に浮かんだことでしょう。
ですが、そこから選手達はまるで別のチームのように猛攻を見せ、大量5得点を挙げ逆転で初勝利を上げることができたのです。
その変わりぶりには、前の週にエスペランサに大勝していたチームのコーチが、この日の戦いを見て「先週、良くこのチームに勝てたなと思いましたよ」とおっしゃっていたほどでした。
自分は今になって思うとあの後のない状況で失点を許し、選手達は「覚悟を決めた」「腹をくくった」のだと思うのです。
もう「やるしかない」と。
そしてこのターニングポイントになったこの試合後は、首位で全勝のシンカーズにも完封勝ちし4連勝を記録。
終わってみれば降格最有力候補だったチームが3位まで浮上することが出来ました。
自分は「人は腹をくくれるか、本当に覚悟を決められるかどうかで人生が変わる」と思っています。
どんな好きなことでも、なんとなくやっているだけ、こなしているだけの人生では「さまよっている」に等しいのかもしれません。
先日、当ブログにも書きましたが、リーグ戦中には神社の宮司さんにお願いして「こころ」についての講話も聞けたことも良いきっかけ作りになりました。
選手達はこの厳しいリーグ戦を通じて、トップリーグ残留という結果以上に大切なものを掴み取ってくれたと確信しています。
不甲斐ない試合をしている時も熱心に応援に駆けつけてくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。
1224a.jpg
ターニングポイントになった戸上戦、試合前のセレモニー
1210a.jpg
畳の上に正座して宮司さんから「こころ」についての講話を聞く選手達


U-15、長野県トップリーグ2部プレリーグ最終順位表

U-15、長野県トップリーグ2部プレリーグの最終順位表です。
順位 チーム名 (勝点,得失点)
1位 FC Thinkers (16,23)
2位 諏訪FC(16,12)
——————————- 以上昇格
3位 中野エスペランサ (12,7)
4位 戸倉上山田中 (11,3)
——————————- 以下降格
5位 開成中 (10,-1)
6位 高陵中 (9,8)
7位 ボニートンFC (5,-17)
8位 FC.塩尻アルマーレ (1,-35)


クラブより連絡

本日23日に予定されていたジュニアスクール、U−15小学6年生体験入団は共に「中止」とさせていただきます。
尚、来年のジュニアスクール、U−15小学6年生体験入団は共に1月6日(金)より再開します。
日程、会場等の詳細はクラブHPでご確認ください。
中野エスペランサ公式


「伊那市出身・西村、J1新潟昇格」

今朝の信毎の記事です。
松本山雅がJ2昇格を果たした今年、もう一つの「昇格劇」が伊那市出身のアルビレックス新潟ユース、西村竜馬選手のトップチーム昇格でした。
ヴィッセル神戸に入団した三澤慶一選手も同じ伊那市出身でしたね。
昨日もサッカー関係者と話をしていて、今回の信州出身のJリーガー誕生を信毎でもっと大きな特集を組んで欲しい、なんて言っていたらちょうど大きく報道されました。
自分は彼が中学生年代の時にクラブ選抜の遠征などでよく見ていて、非常に良い選手だったことを覚えています。
当時はFWとして活躍していましたが、新潟入団後はサイドバックとして頭角を現したそうですね。
長野県のサッカー少年達に大きな夢を与えるであろう今回のJリーガー誕生のニュース。
中野市出身、中野エスペランサ出身のJリーガー誕生のニュースも近い将来お届けします!!
1222.jpg