月別アーカイブ: 2011年4月

トップチーム、長野県選手権大会開幕

今日はトップチームが長野県選手権大会(天皇杯県予選)の初戦を迎えます。
今シーズンは新たに7選手が加入し戦力が充実してきました。
28名の登録選手は過去最多で練習にもとても活気があり期待出来ますね。
トップチームの選手紹介はHPにUPする準備を進めていますのでお楽しみに。
さて、今日は大会2回戦、対戦相手は中信の伝統高、松本県ケ丘高校です。
県陵の西村監督はエスペランサの竹内監督と青年国体で長野県代表として一緒に活躍していました。
県ケ丘高校の試合は昨年見させてもらいましたが、みんなよく走るしボールが蹴れて良いチームという印象を受けました。
もちろん、北信越リーグを目指すトップチームも高校生相手に負ける訳にはいきません・・・これは熱い一戦になりそうですね!!
注目の一戦は「アウェー」松本県ケ丘高校Gで13:20キックオフです。
NFA公式(第16回長野県サッカー選手権大会トーナメント表)
0410.jpg
写真は金曜日のトップチームの練習のスタート時に撮ったものです。
入り口ではいつものように大塚先生が選手達に黙々とテープをし、グランドではボールを追いかける選手達の声が響いて活気がありました。
クラブの代表、そして地域の代表として、頑張れ、中野エスペランサトップチーム!!


U-15、2011長野県トップリーグ1部1節

本日行われたU-15長野県トップリーグ1部1節の結果です。
中野エスペランサ 3-1 塩尻アルマーレ
ちょうど半年前のクラブユース新人戦で1-5と大敗した相手に見事、リベンジを果たすことが出来ました。
選手達の成長した姿、そして試合の勝利は彼らから自分への何よりの「バースデープレゼント」でしたね。
選手達はみんな試合を通じていい顔をしていました。彼らは自分の誇りです。
大好きなサッカーで「日本一」を目指す選手達の戦いはまだまだ続きます。
たくさんのご声援ありがとうございました。
0409a.jpg
0409b.jpg


2011、U-15長野県トップリーグ1部開幕

今週末、U-15長野県トップリーグが開幕します。
中野エスペランサが所属する1部参加の10チームは以下の通り。
佐久サーム
MACSALTO
上田ジェンシャン
アザリー飯田
中野エスペランサ
松本山雅FC
南長野JYSC
ボニートンFC
FC.塩尻アルマーレ
AC長野パルセイロ
1部リーグはすべてクラブチームとなりました。
「クラブチーム」という観点から見るとトップチームの下部組織となっているチームが多いことに気がつきます。
松本山雅、パルセイロのJFL勢、北信越リーグのジェンシャン、長野県1部リーグのアザリー飯田、中野エスペランサ、SALTOと10チーム中6チームのトップチームが長野県1部以上のリーグに所属しています。
長野県も「育成」に力を入れている「クラブ」が多くなってきたということでしょう。素晴らしいことだと思います。
リーグ戦は1日1試合の1回戦の総当たりですが、試合時間は40分ハーフの80分。
たしか、高校の総体予選は35分ハーフの70分だったような・・・タフな試合が続きます。
拮抗したレベルでの真剣勝負の試合は選手達にとってレベルアップの良い機会になります。
選手達がどんな試合を見せてくれるか、楽しみにしています。
・・・ちなみに開幕戦の第1節は明日行われますが、明日9日は自分の35回目の誕生日です。
選手達は監督に「素晴らしい戦いぶり」と「勝利」をプレゼントしてくれることでしょう(笑)


中野市にサッカー場を、続報

今朝の信濃毎日新聞に県有の旧中野高校西グラウンドの中野市有地との交換確定の記事がありました。
その中で建設が予定されているサッカー場について以下のように記載されていました。
「中野市は6日の市議会全員協議会で、・・・・ 同給食センター東側に本年度、市が建設する多目的サッカーグラウンドについては、日本体育施設協会が定める南北に長い配置に変更するとした。・・・」(掲載文章そのまま)
今回の決定で徐々にサッカー場のイメージが出来るようになってきましたね。
グラウンド建設にかける多くの人の「思い」が形になってきています。
0407.jpg


チャンピオンズリーグ準々決勝で日本人対決実現!!

今朝行われた準々決勝でシャルケ内田vsインテル長友の日本人対決が実現しました。
試合はアウェーのシャルケが5-2でインテルを下しました。結果には驚きましたが・・・。
内田は先発フル出場、長友は後半途中からの出場でした。
それにしてもチャンピオンズリーグの、しかもグループリーグではなく、ベスト4を決める試合で日本人が相対するなんて数年前までは考えられなかったことです。
南アフリカW杯で日本代表が躍進後、本当に多くの選手がヨーロッパの舞台で大活躍していますね。
彼らの活躍=日本代表のレベルアップであり、日本サッカー全体のステップUPにつながることです。
今後も彼らの活躍から目が離せませんね。
自分もいよいよスカパーの加入を真剣に考え始めました(笑)
自分もサッカーを愛する指導者として中野、長野から彼らのように世界の舞台で活躍する選手を育てたい、と刺激を受けました。
彼らの活躍がサッカー関係者に夢を与えるように、先日のチャリティーマッチでも勇士を見せた彼らの「思い」が被災地にも届くはずです。


スタートの春

今日は市内小中学校の入学式ですね。
U-15の卒業生20名もそれぞれの環境で新たなスタートを切っています。
震災の被害が心配された水戸ホーリーホックユースに進む畔上も先週末に茨城に旅立ちました。
クラブもトップ、U-15共に新たなメンバーを加え活動をスタートさせています。
今年のスタートの春は「震災から復興への」スタートの春でもありますね。
被災地に支援や活力を送るためにも、被災しなかった我々が「元気に」クラブの活動を行っていきましょう。


U-15、トレーニングマッチ&チャリティーマッチ観戦

今日もU-15に帯同しました。
午前中は須坂でトレーニングマッチ、午後はアルウィンに移動し松本山雅FCvsFC東京のチャリティーマッチを観戦しました。
午前中の試合の様子です。
0403a.jpg
0403b.jpg
新潟のJドリーム三条には相手FWのスピードとテクニックに翻弄され完敗を喫しましたが来週開幕のトップリーグに向け学ぶことの多い試合でした。
B戦では早くも1年生が活躍しチームも活性化してきましたね。
午後のチャリティマッチの様子です。
0403c.jpg
0403c2.jpg
0403d.jpg
0403f.jpg
0403h.jpg
0403e.jpg
アルウィンには1万人を超えるサポーターが集まり、試合前にはスタジアム全体でyoull never walk aloneの大合唱と黙祷を捧げました。
スタジアムには至る所に、「頑張れ東北」「頑張ろうニッポン」「youll never walk alone」などメッセージが並び、この試合を通じて復興に向けてみんなで頑張ろうという「思い」を共感することが出来ました。
試合には代表経験者のFC東京の平山、羽生、今野、松本山雅の松田なども出場していて興味深く観戦出来ました。
昨年までJ1で見られた平山と松田のマッチアップの凌ぎ合いはさすがに迫力がありましたね。
東京はショートパス、ミドルパスを多用し平山に収まった時は良い形を作れていました。中盤に君臨する梶山も自分の好きな選手です。
選手達もそれぞれ様々な事を感じたこととでしょう。
結果はやはり個の力、チームの完成度でJ1昇格最有力のFC東京が上回り4-0の快勝でしたが、松本山雅は各上相手との真剣勝負での敗戦をリーグにつなげてJ2昇格に突き進んで欲しいですね。
松本サポーターの応援は相変わらず素晴らしかったです。やはりサポーターはクラブの宝ですね。
中野エスペランサトップチームもいつかサポーターの皆さんから大声援を浴びてプレー出来るようになれたら素晴らしいなと思ったし、自分もこんな大声援の前でプレーし活躍出来る選手を育てていきたいと思いました。
今日もU-15の選手達の試合、レベルの高いチャリティーマッチの観戦とフットボールの素晴らしさを感じた一日でした。
被災地の一日も早い復興を改めてお祈り致します。


U-15、トレーニングマッチ

きのうはU-15の2年生が長野パルセイロU-14とトレーニングマッチを行いました。
会場のリバーフロントではパルセイロのトップチームが練習を行っているということだったのでアップ開始前の1時間見学しました。
翌日の試合を控えセットプレーの確認などの軽めのメニューでしたがコーチングの大きさや球際の強さやボールの質など選手達も感じる部分が多かったと思います。
子供達が近くで質の高いサッカーが見れる環境があることはすごく大きなことですね。
松本山雅同様にJFLでの活躍、Jリーグ昇格を期待しましょう。
さて試合は2-0で勝っていた試合終盤に2-2に追いつかれ勝ちを逃し、今日もシャトランとなりました。
今日は監督も指導者責任で一緒に走りましたよ(笑)
手応えがあった部分、改善が必要な部分、両面がありましたが粘り強く指導していきたいと思います。
それにしてもリバーフロントの芝は今年も「最高」ですね。
素晴らしい天然芝でフットボールの出来る喜びを感じられた一日でした。
0402a.jpg
0402b.jpg
0402c.jpg


2011シーズンクラブスポンサー

クラブホームページに2011シーズンのクラブスポンサー様一覧を掲載しました。
中野エスペランサ公式(2011クラブスポンサー)
依然として厳しい経済情勢の中、今シーズンも本当に多くの地元企業様、また個人の方にクラブの活動を支援していただくことになりました。
改めて様々な形でクラブを支えていただく皆様に心から感謝申し上げます。
中にはホームページ上には(希望により)名前を掲載せずに「クラブを応援したい」とスポンサーになってくださっている方もいます。
選手スタッフ一同、感謝の気持ちを力に変えて、皆様から「中野エスペランサのスポンサーになって良かった」と笑顔で言っていただけるよう、地域から愛され必要とされるクラブを目指し全力で頑張っていきます。