月別アーカイブ: 2010年11月

日曜日試合結果

日曜日の試合結果です。
トップチームは長野日大高校と練習試合を重ねました。
U-15、3年生は中学生年代のラストマッチとなる地元の社会人大会、中野カップの2日目。
社会人相手に互角以上の戦いを見せていましたね。秋晴れの中、みんなの笑顔が絶えない一日でした。
3年生にはそれぞれの進路に向け良い準備をしてもらいたいと思います。
保護者の皆さん、最後までたくさんの応援ありがとうございました。
101108a.jpg
U-15、新人チームは長野インフィニティカップ2日目。
【準決勝】
飯能ブルーダーA 6-0 中野エスペランサ
【3位決定戦】
梓川中 2-1 中野エスペランサ
埼玉の飯能ブルーダーにはスピードで圧倒され0-6の完敗。
予選リーグで敗れた梓川中には終始ゲームを支配しながら1-2の逆転負け、と課題の残る1日でした。
今週もそれぞれの挑戦が続きます。


U-14長野インフィニティカップ1日目

6日(土)に行われた長野インフィニティカップU-14大会1日目予選リーグの結果です。
中野エスペランサ 3-0 丸子北中
梓川中 5-3 中野エスペランサ
中野エスペランサ 1-0 飯能ブルーダーB
予選リーグ2位の最上位で決勝トーナメント進出!!
まだまだ課題は多くありますが選手達は元気に戦っています。
明日の準決勝、決勝も全力蹴球で頑張ります!!
以下、今日の写真集です。
101106a.jpg
アップ前の円陣。雑草軍団の基本は元気があれば何でも出来る!!
101106B.jpg
試合後、FW陣とGKのトレーニング。サッカーはゴール前で決まる!!
101106c.jpg
みんなで過ごす楽しい夕食♪
101106d.jpg
スポーツ選手は食べることが基本です。がっつり食べてハードワークする習慣をつけましょう。特にちびっこ軍団には自分が盛りつけたスペシャルてんこ盛りご飯です(笑)
101106f.jpg
これは「テクニカル怪我人グループ」略して「TKG(笑)」がベンチで試合中に分析した一覧表です。
今日の分析内容は出場全選手の「インターセプトの成功回数」「インターセプトした次のパスの成功回数」「ワンタッチパスの成功数」「シュートの本数、ゴール数」でした。怪我人にもテーマを与え、ゲームに参加させます。
また試合前のこのことの数値を選手別に取るよ、と選手達に伝えることで自然と選手の「意識」づけが出来ます。「自然と」意識づけしていくのがこちらの作戦です。
101106e.jpg
夕食後、今日の試合の映像を自分の解説付きで分析。
ピッチ内ではイメージできないことも俯瞰的な視点で映像を見れば一目瞭然です。
育成年代だからこそ映像による指導は効果大です!!
指導者側のチャレンジも日々続きます。


ヤマザキナビスコカップに思う「継続」

先日行われたヤマザキナビスコカップの決勝戦。リーグ戦では中位同士のカードでありながら非常にスリリングな展開で見応えのある試合でしたね。
それは選手達がこの大会での優勝というタイトル獲得を目指して真剣に戦ったからこそ感じられたものなのでしょう。
そんな選手達を見て自分が感じたのは、この大会の知名度やステータスが大会創設時より高くなっているのでは、ということです。いまや、ナビスコカップはJリーグ、天皇杯と肩を並べる3大タイトルの一つとして認知されています。
Jリーグ開幕時の1992年にリーグカップと言う位置付けでスタートした同大会。それから18年間、菓子メーカー、ヤマザキナビスコが一度も他社に大会スポンサーを譲ることなく大会をサポートし続けてきました。
不景気もあり厳しい時期もあったことでしょう。それでもヤマザキナビスコは大会スポンサーとして賞金総額2億円という大会のサポートをし続けました。
自分はそんなヤマザキナビスコの継続的な姿勢に「継続は力なり」という言葉の意味を感じたのです。
自分達のクラブで考えれば、クラブの前身「中野クラブ」がスタートしたのが1971年。クラブ員全員が身につけているジャージのワッペンにこの1971の数字が入っています。
そして現在の中野エスペランサというクラブ名にしてトップとU-15を整備したのが2000年です。まだ10年なのですね。
自分は地元中野にこの先、100年、200年と続いて地域に貢献していくクラブを作りたいのです。
継続という積み重ねはお金では買えません。
「継続は力なり」
ヤマザキナビスコカップを見て継続の価値を実感してパワーをもらいました。
中野エスペランサも良い時も悪い時もあるでしょう。勝てる時も勝てない時もあるでしょう。
でも大切なのは地域に貢献していく活動を「継続」していくこと。
中野エスペランサはどんな時もぶれずに前進していきます。地域から愛され必要とされるクラブを目指して。


今週末の予定

今週末の試合予定です。
トップチームは長野日大高校とトレーニングマッチ。来シーズンに向けての戦いはすでに始まっています。
U-15、3年生は地元の社会人大会、中野カップに参加。3年生最後の大会は社会人チームへの「チャレンジ」です。
U-15、1,2年生は菅平で土日2日間で行われる長野インフィニティカップに参加。昨年、準優勝している同大会。県外チームとの対戦も楽しみですね。
長野インフィニティカップU-14組み合わせ
外はだいぶ寒くなってきましたが、各カテゴリーで情熱を燃やして「熱く」いきましょう。
中野エスペランサ、秋のチャレンジが続きます。


トップチーム、長野県リーグカップ3位決定戦

きのうトップチームの長野県リーグカップ3位決定戦がアルウィンで行われました。
中野エスペランサ 1-0 富士電機松本
日曜日の準決勝は残念な結果でしたが、中2日でしっかりと切り替えて第3位を獲得しました。
これでトップチームの今シーズン残す大会は3連覇のかかる長野市長杯のみとなります。
来シーズンにつながる戦いを期待しましょう。
101104.jpg
【試合後の集合写真 「聖地」アルウィンにて】


中野エスペランサ支援自販機第1号機

以前、掲載しました中部ペプシコーラ販売株式会社様による中野エスペランサ、クラブ支援自動販売機ですが、記念すべき第1号機が設置されました。
確認に伺うと車に乗った遠くからでも一目で分る目立つデザイン。クラブカラーの赤が鮮やかで紺のラインにクラブのロゴ、チーム名などがきれいに入っている立派なものでした。
今回設置していただいたのは市内延徳の「金子きのこ園」様です。本当にありがとうございます。しかも価格が普通缶100円、500mlペットボトルが130円と良心的な設定。これにも感謝ですね。
皆さんも延徳に行った際にはぜひ!! カズ大好きの自分は記念にデカビタを1本購入させていただきました。今の人はあのCM知っていますかね(笑)
中野エスペランサ支援自販機は他にも数件の設置が決定、さらに多く方にも検討していただいていますのでまた当ブログでも紹介させていただきます。
様々な形で地域と結びつき、地域から愛され、必要とされるクラブを目指して、中野エスペランサの挑戦が続きます。
中野エスペランサ公式(クラブ支援自販機オーナー募集)
101102a.jpg
101102b.jpg


日曜日試合結果

31日(日)の試合結果です。
トップチームは長野県リーグカップの準決勝。
フォルツァ松本 4-1 中野エスペランサ
残念ながら決勝進出ならず。
あさって3日(水)に3位決定戦が「聖地」アルウィンで行われます。
しっかりと切り替えていきましょう。
自分が帯同したU-15はチラベルトカップの2日目。
【2回戦】
中野エスペランサ 3-0 東北中
【準々決勝】
CEDAC 7-0 中野エスペランサ
残念ながらベスト8で敗退となりました。
敗れたCEDAC戦では相手のスピードに圧倒され前半だけで5失点を喫する完敗でした。
ただ全く何も出来なかったわけではありません。
チームとして狙いとしているボールの奪い方、攻撃の崩し方も出来た場面もありました。
これから各選手、チームの努力でその場面を多くしていこう、と選手達に話しました。
敗れた試合から学び、努力して成長していきたいと思います。
U-15新人チームのチャレンジが続きます。
101031.jpg
【vs CEDAC戦、試合前のセレモニー】