月別アーカイブ: 2009年7月

U-15、連覇!!

今日は昼間の市長表敬訪問に続き夕方から長野市長杯の決勝戦に向かいました。
・・・なんだか、サッカーの合間に仕事をしている気がするのは気のせいでしょうか(笑)
決勝戦の結果は
中野エスペランサ 2-0 裾花中
昨年の優勝に続き見事、2連覇達成です。
今日は昨日の試合の反省を活かし「監督ノーコーチングデー」でした。
自分は試合前の戦術の確認とハーフタイムでアドバイスをしただけ。「上手くいかなかったら自分達で話し合って解決しろ」と伝えました。
ある意味、自分自身、選手達が決勝の舞台でどんな試合をしてくれるのか楽しみにしていていました。
試合は雨が降ったり止んだりの難しいピッチコンディションでしたが、キャプテン牛山を中心に上手くいかないながらも粘り強く頑張っていましたね。
まさに選手達が自分達でつかんだ優勝です。
また今回嬉しかったのが、登録18名に入れなくスタンドで応援していた選手達が自発的にみんなで声を出して応援してくれたこと。
今回出発前に、試合に出れない選手達にも「みんなでユニフォームを着て優勝写真撮るから」と伝えてユニフォームを持たせました。
そんな自分の意図が応援していた選手達にも伝わったのでしょうか。
「チーム」としても成長を感じられた嬉しい瞬間でした。
さて「万事塞翁が馬」です。
今日の優勝を喜んでいるのは今晩まで。
この優勝に浮かれて勘違いしている人には次がありません。超「井の中の蛙」です。
チームの目標「全国」ははるか向こうにあります。
今日の優勝を過信にはせず自信にして努力を続けていきたいと思います。
明日から信毎杯選抜大会ですね。中野エスペランサから33選手が大会に参加します。
プライドと向上心を持って大会に臨み少しでも多くのことを学んで成長して帰ってくることを期待しています。
自分も北信北選抜U-13の指導者として大会に参加します。
090731.jpg
【みんなでつかんだ2連覇!!】


中野市長表敬訪問

今日はクラブから長野県選抜U-14フランス遠征に参加する木村、森川、真崎、畔上の4選手と中野市長を表敬訪問しました。
小田切市長とお会いするのは初めてでしたがとても気さくな方で楽しくお話をさせていただきました。
小田切市長の言葉で印象に残ったのは「経験はお金では買えない」という言葉でした。
今回、選手達が参加する国際トーナメントには同年代のクロアチア代表やカメルーン代表も参加するそうですね。
まさに「プライスレス」
選手達も緊張気味ながら力強く抱負を語っていたので遠征でも頑張ってくれることでしょう。
フランス遠征は8月23日~9月2日の日程で行われます。
今回、表敬訪問の段取りをしてくださったサッカー協会町田会長、市役所の関係者の皆さん、ありがとうございました。
090731a.jpg
【市長室での待ち時間に。もうちょっと緊張しなさ~い】
090731b.jpg
【テレビ北信の取材を受けるGK畔上。カチコチです(笑)】


U-15、長野市長杯準決勝

今日はU-15の長野市長杯準決勝がありました。
中野エスペランサ 1-1 PK3-2 長野ガーフ
何とか勝つことが出来ましたが、内容は良くなかったです。特に前半。
この前半は本当にストレスの溜まる内容でした。
人もボールも早く動くサッカーを目指して今まで頑張っていたのに、前半は誰もボールを受ける準備をせず苦し紛れのロングフィードに終始しました。
それに対し、後半は良くボールが動き、もっと点が取れてもおかしくない内容でした。後半のサッカーが前半から出来ていればもっと楽な試合展開だったでしょう。
やっぱり「気持ちが弱い」です。
クラブユースでASAやCEDACに負けた時もそうでした。相手チームの名前にビビッてしまっているのか自分達がやってきたサッカーをやろうとせず受身に回ってしまい大敗・・・。
自分達のサッカーをやろうとして、チャレンジして、精一杯やって負けたのなら次につながるし選手も成長できます。
中野エスペランサは弱いです。雑草軍団です。目標の「全国」に行くためにはチャレンジを続けるしかないのです。
明日の決勝戦はテーマは決勝戦の舞台で「いかに自分達のサッカーが出来るか」にして頑張ります!!
090730.jpg
【試合前のセレモニー。後姿も自信なさげな選手達・・・】


U-15、トレーニング

今日はU-15、トップの練習日でした。
先日、小学生の指導者の方にU-15はどんなトレーニングをしているのか、小学生でも取り入れられるトレーニングはないかと話しかけてもらったので、今日は普段なかなかお伝えできないU-15のトレーニングの様子をちょっとだけ紹介します。
最近U-15の練習で必ずやっているのが、「1対1大会」と「2対2大会」です。
1~3年生のフィールド全45選手を5コートに分けて1対1、2対2で勝負をさせます。攻撃側は向かいのライン通過で勝ち。守備側は攻撃選手のボールを奪い、向かいのライン通過で勝ち。ボールがコート外に出てしまったら引き分けです。
5コートはチャンピオンズコート~負け犬コートまで横並びで分かれていて、勝った選手は昇格でチャンピオンズコート側に一コート昇格、逆に負けた場合は負け犬コート側に一コート降格。引き分けは両者同じコートにステイ。選手は必ず攻撃と守備を交互に行います。
090728.jpg
【手前が負け犬コート。一番奥がチャンピオンズコート。目指せ、チャンピオンコート!!】
このトレーニングの大きな狙いは3つ。
一つ目は「競争させること」
このトレーニングでは1年生も上級生と一緒に真剣勝負をし、上級生に勝っていけばチャンピオンズコートまで行けます。実際に1、2年生も結構チャンピオンズコートまで行っています。逆に3年生でも負け続ければ負け犬コートまで降格し惨めな思いをすることになります。当然学年も関係なく当たりも厳しいです。
この競争意識こそがチームを活性化し個人のレベルアップ、チーム全体レベルの底上げになると思っています。
2つ目は「守備選手のマイボールにする意識の向上」
このトレーニングを始めた春先、守備選手はルーズボールをみんな足を出して蹴りだしていました・・・が、そのうち「蹴り出してしまってコート外にボールが出してしまったら引き分けで昇格できない」と分かりはじめると、ルーズボールを体を入れてマイボールにするように変わりました。
3つ目は「切り替えの早さの追求」
取られたらすぐに取り返す、当たり前のことがなかなか出来ません。このトレーニングでは相手ボールになっても取り返せれば勝てるチャンスが生まれるので自然と攻撃⇒守備、守備⇒攻撃への切り替えのスピードが上がっていきます。
さらに2対2のトレーニングでは攻守においてグループ戦術の基本やオフでの駆け引きの部分を高めることが出来ます。
パスやシュートなど当然、時間を割いてトレーニングを行っていますが、やっぱりサッカーの基本は「1対1」や「2対2」。中学生年代でしっかりと身につけさせてあげないといけない、と思って積極的に取り組んでいます。
もっと言えばこれは小学生年代でしっかりと身につけてもらいたいトレーニングとも言えるのかもしれません。
今後は地元の小学生チームの指導者ともっとコミュニケーションをとって「地域」で同じヴィジョンを持ち選手育成に取り組むことにもチャレンジしていきたいですね。


長野県1部リーグ最終順位表

トップチームが参戦した2009長野県1部リーグの最終順位表です。
順位 チーム名   (勝点, 得失点)
1 ARTISTA東部 (23, 34)
2 FCアビエス (20, 10)
3 中野エスペランサ (18, 2)
4 アザリー飯田 (16, 5)
5 池田FC (15, 0)
6 フォルツァ松本 (12, 5)
7 MAC SALTO (11, 3)
8 エストレーラ (7, -8)
9 須坂シティ (3, -22)
10 日精樹脂 (3, -29)
※独自の集計による順位表です。公式記録は社会人連盟HP等を参照してください。
優勝はARTISTA東部。関係者の皆さん、おめでとうございます。
戦績は7勝2分の勝ち点23。得失点差+34が表す通り爆発的な攻撃力がありました。
中野エスペランサがこのリーグ戦で唯一負けた相手です。しかも0-7で。トップの選手は早々と記憶から抹殺した模様です(笑)
東信からJリーグ入りを目指す同クラブ。北信越チャレンジリーグでの健闘と北信越2部リーグへの昇格をお祈りします。
準優勝は2年連続でFCアビエス(旧茅野チェルシー)。
中野エスペランサは両チームに続く3位。5勝1敗3分の勝点18。4位だった昨年の勝点は14だったので4を上積みすることが出来ました。
1敗しかしていないのに3位だった原因はやはり3分けでしょう。3分け=2敗です。つまり勝ち点6を失っているわけです。
監督や選手達に聞いた話では、3分けのうち2試合は勝ち試合だったということなので、そのような試合でいかに勝ち点3を取りきるかということも課題として上ったと言えるでしょう。
優勝こそできませんでしたが、来シーズンにつながる戦いぶりだったのではないでしょうか。
さて、下位では9位の須坂シティーが2部2位との入れ替え戦へ。昨シーズンまで北信越リーグに参戦していた古豪、日精樹脂がまさかの最下位で2部リーグ降格です。
東部のチャレンジリーグの結果次第で降格条件は変わりますが、歴史のある両チーム。きっと巻き返しを図ってくるでしょう。
リーグ関係者の皆さん、お疲れ様でした。


生みの苦しみ?

26日(日)に北信越1部リーグ13節が行われ、長野県からJリーグを目指す松本山雅FC、長野パルセイロが共に敗れ1節を残しジャパンサッカーカレッジ(JSC)の優勝が決まりました。
パルセイロ、山雅ともに今までの地域リーグでは考えられなかった破格の予算を組み、有力選手を多数獲得。多くのサポーターに応援されながら、それでも勝てないジレンマ・・・。
10年ちょっと前に同じ北信越リーグでリバーフロント会場に試合に来ていたアルビレオ新潟(現アルビレックス新潟)が現在J1で2位にいる現実とのあまりに大きなギャップ・・・。
それでも両チームは前進し続けなければいけません。
長野県からJクラブを!!長野県サッカー関係者の悲願への挑戦が続きます。
いつの日にか長野県にJチームが生まれ、本当の意味でサッカーが文化になっていくことを切に願っています。
リーグ戦は「終戦」ですが、まだ社会人選手権枠での地域リーグ決勝大会の出場権獲得の可能性が残っています。
両チームの今後の奮闘を期待しましょう。
AC長野パルセイロ公式
松本山雅FC公式


祝、藍ちゃん初V

今日はゴルフのお話です。
宮里藍がついに米ツアーで初優勝を果たしました!!
昔から応援していたので本当に嬉しかったです。
あの小さな体で二十歳から世界最高峰の米ツアーに乗り込み、苦労しながら4年かけてついに初優勝。
自分も何度、テレビやスポーツ新聞で彼女が悔し涙を流しているのを見たことでしょう。
その度に「藍ちゃん頑張れ」と心の中で応援していました。
彼女の頑張っている姿は自分の励みにもなっていました。
心からおめでとう。
自分も彼女に負けないように頑張りたいと思います。
スポニチ(藍ちゃん初V)


週末の試合結果

トップチームは長野県1部リーグの最終戦の9節。
中野エスペランサ 4-3 池田FC
点の取り合いを制して5勝目。
目標の優勝こそ果たせませんでしたが5勝1敗3分の勝ち点18で堂々の「3位」です。
昨年は4勝3敗2分けの勝ち点14で4位だったので、順位で1、勝ち点で4、昨年を上回ることが出来ました。
チームが成長できている何よりの証と言えるでしょう。
竹内監督をはじめ、選手達、大塚トレーナー、その他スタッフの皆さん本当にお疲れさまでした。
平日3回の練習と日曜日の試合・・と仕事をしながらみんなが必死にサッカーに打ち込んできた中で勝ち取った誇れる結果、長野県最高峰リーグでの3位です。
子供たちに夢を、北信濃に活力を・・・クラブのスローガンにつながる素晴らしい戦いぶりだったと誇りに思っています。
来週はクラブチーム選手権県大会の準決勝。再来週は同大会決勝。
まだまだ中野エスペランサトップチームの挑戦は続きます。
090726.jpg
U-15は長野市長杯決勝トーナメント。
【1回戦】
中野エスペランサ 8-0 小布施中
【準々決勝】
中野エスペランサ 1-0 南長野JYSC
準決勝進出です。
準決勝は30日(木)に南長野運動公園球技場でナイターで行われます。対戦相手は長野ガーフ。
目指せ、連覇!!
090725.jpg
【vs 南長野戦の試合前セレモニー】
U-15は試合後、市民祭のションション祭りに参加しました。
今年は翌日が試合にも関わらずトップチームの選手が参加してくれたこともあり大変盛り上がりました。
中野エスペランサは「ファミリー」です!!
090725b.jpg
【円陣を組んで恒例の「がんばろーぜ」。オフザピッチでもアピールしています(笑)】


U-15、長野市長杯

明日はU-15の長野市長杯決勝トーナメントの1回戦と準々決勝が行われます。
同大会、昨年は見事初優勝を果たしました。今年はシードチームとして決勝トーナメントからの参戦です。
目指せ、連覇!! を合言葉に頑張りましょう。
またU-15は夕方から中野市民祭に参加します。
慌しい一日になると思いますが中野エスペランサはサッカークラブ。
しっかりと試合に勝ってお祭りに臨みたいと思います。
080801b.jpg
【昨年の優勝写真。真夏の歓喜を再び!!】