月別アーカイブ: 2009年5月

週末の試合結果

トップチームの県1部リーグ3節。
中野エスペランサ 0-0 エストレーラ
押し込んでいた時間が多かったものの決めきれなかったという内容だったようです。
北信越リーグ昇格に向け、NEVER GIVE UP!! 残りまだ6節、全勝で行こう!!
U-15はクラブユース選手権予選リーグ最終戦。
CEDAC 1-0 中野エスペランサ
前半10分、DFラインとGKの連携ミスから失点。崩されたわけではなかっただけにもったいない失点でした。
後半15分過ぎからは3トップにしたこともあり押せ押せ状態になってチャンスが続きましたが、決めきれず結局得点を挙げることが出来ませんでした。
この結果、リーグ2位通過となり準々決勝の対戦相手はASAに決まりました。ASAとは昨年度に行われたトップリーグでは1勝1敗です。
あと2週間、良い準備をして試合に臨みたいと思います。
全国を目指すチームの挑戦が続きます。
090531.jpg
【vs CEDAC 試合前のセレモニー】


勝負の週末!!

一週間は早いものですね。
あっという間に「フットボールのある週末」を迎えます。
トップチームは長野県1部リーグ3節、vs エストレーラ戦。
大敗した前節の後の大切な試合。「絶対に負けられない」試合です。
U-15はクラブユース選手権予選リーグ最終戦、vs CEDAC戦。
決勝トーナメント進出は決まっているものの是が非でも勝って1位通過したいところ。
相手は同大会4連覇中でチームが目標としてきた王者、CEDAC。
雑草魂で真っ向勝負します。選手達の奮闘に期待!!
今日はトップチームの練習後に選手達とクラブのスポンサー様「金太郎」へ飯を食いに行きました。
サッカー話でわいわい盛り上がりながら、みんなガッツり食べていましたね。
元気があれば何でもできる!!
よい結果報告が出来ますように・・・。
090529.jpg
【左から高橋、佐藤、望月。3選手ともU-15のコーチも頑張ってくれています】


CL決勝

マンUの連覇をバルサが見事に粉砕しましたね。
当ブログでも話題にあがっていたイニエスタ、メッシが予想通りの大活躍!!
バルサのイニエスタ、シャビ、メッシのトライアングルはとにかくスゴ過ぎ。
怖さのあるマンU有利かと思っていましたが、結果は中盤の差でしょうか。
両チーム共にハイプレッシャー、ハイスピードの中での駆け引きがある最高レベルのゲームでしたね。
本当にご馳走さまでした(笑)


「リオネル・メッシ」ブログ

UEFAチャンピオンズリーグ決勝ネタの続き。
バルセロナのメッシの日本語版ブログがアメーバブログにあります。
メッシのような海外のスーパースター選手の試合の感想や考えていること、日常生活などが書かれていて興味深く読めます。
決勝戦についてもUPされるでしょう。
「リオネル・メッシ」日本語版ブログ
アメーバブログにはメッシ以外にも代表選手やJリーガー・指導者のブログなどが多数あり、自分の携帯には20件ほどbookmarkしてあって時間の空いた時など読んでいます。
興味のある人は見てみてください。
さて、今日(昨日?)はトップ、U-15共に練習日でした。
週末に向け良い準備をしましょう。


2008-2009 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

今週の一大イベント。
さあ迫ってまいりました2008-2009 UEFAチャンピオンズリーグ決勝、マンU vs バルサ。
FW陣の怖さのマンUか、華麗なパスサッカーのパルサか。
勝手な予想では「怖さ」のマンUが勝つような気がしていますが、サッカーはどうなるかなんて誰にも分かりません。
勝手に「お気に入り」バルサのイニエスタの活躍も注目している「頂上決戦」は5月27日(水)です。
多分、各国代表によるワールドカップよりレベル高いですよ!!


「人間万事塞翁が馬」

「人間万事塞翁が馬」
日本サッカー協会登録チームに郵送される「JFAnews」に5月から掲載されている岡田日本代表監督のコラムのタイトルです。
「人間万事塞翁が馬」(じんかんばんじさいおうがうま)、言葉の由来は・・・
_________________________________________
 中国の北の方に占いの上手な老人が住んでいました。さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。
ある時どういうわけか、その老人の馬が北の胡の国のほうに逃げていってしまいました。この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」
 そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。
「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ。」
 しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」
 1年が経ったころ胡の人たちが城塞に攻め入ってきました。城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くは戦いで死んでしまいました。しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。
 この話は、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。
 「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。総合すると、「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍へ、また禍から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」という事です。
_________________________________________
今週末のクラブの試合は先週とはうって変わり残念な結果となりました。
トップチームの長野県1部リーグ2節は東信からJリーグ入りを目指すARTISA東部に大敗。
ARTISTA東部 7-0 中野エスペランサ
U-15の2年生が参加した千曲市長杯は予選リーグ2位。2位リーグで1勝1敗。
中野SSS(U-12)主催のイオンカップでも初日の予選リーグで3位と上位進出はなりませんでした。
でも、やっぱり岡田監督が言うように「人間万事塞翁が馬」なんですよね。
良い時もあれば悪い時もあります。
良い時の状態に満足していたらその先はないだろうし、悪い時の経験がプラスに働きよくなっていくこともあるのでしょう。
大切なことはどんな時でも「ヴィジョン=目指すもの」を見失わず努力を重ねること。
どんな時も前向きにいきまっしょ。


ナショナルトレセンU-14中日本開催中

5月20日(水)~24日(日)の日程でナショナルトレセンU-14中日本がアルウィンで行われています。
身近な松本でU-14年代の日本を代表する選手達が凌ぎを削っているということで、時間があればトレーニングの様子を見に行こうと思っていましたが仕事とクラブの運営で手いっぱいで断念しました・・・。
中野エスペランサからはここ2年連続で北信越トレセンに選手が選出されていますが、まだナショナルトレセンに選出された選手はいません。
身近で行われているナショトレを刺激に、もっともっと育成活動を頑張っていつの日にかナショナルトレセンや日本代表に選手を送り込みたいな~と改めて思いました。
長野県サッカー協会HP(ナショナルトレセンU-14中日本日程表)
P.S.
新型インフルエンザの影響で学校が休校となっている大阪府と兵庫県の選手は参加辞退となっているようです。
他人事ではありませんね。全国的な大流行とならなければいいのですが・・・。


「わんこ」

先日、とあるサッカーファミリーの方から引越しに伴って飼えなくなってしまった「わんこ」の相談を受けました。
親戚を含め飼っていただく方をあたったそうですが、結局見つけられなかったいうことで保健所に向かう直前に自分に声をかけてもらいました。
熟慮を重ねた結果、「飼い主が見つかるまで」という約束で一時的に預かるかることになりました。
預かったわんこはシベリアンハスキーの10歳前後で結構な大型犬ですが、すごく人なつこくて愛嬌のあるわんこです。
自分の家でもわんこを一匹大切に飼っていますが、もう一匹の面倒を見ることは難しい状況です。
わんこを見てみたい方や飼ってもいいよ、という方はぜひ連絡をください。
ペット達は自分の運命を決められません。
心ある方の連絡をお待ちしています!!
090521.jpg


全少組み合わせ

毎年注目されるU-12年代最大の大会、全国少年サッカー大会長野県の組み合わせ抽選会が17日(日)に行われました。
早速、組み合わせが県協会HPにUPされていますね。
長野県サッカー協会HP
中野市内チームの初戦は
中野SSS vs リュシオ辰野
日野平岡FC vs 筑摩野
高丘FC vs 堀金
大会は6月7日に開幕。
全国目指して、頑張れ中野市内チーム!!


県高校総体北信予選

17日(日)、トップチームの県リーグ開幕戦が行われたリバーフロントで高校総体北信予選の決勝、3決が行われていました。大変盛り上がっていたようですね。試合結果は・・・
【決勝戦】
長野吉田 3-0 長野
【3位決定戦】
長野日大 5-0 屋代
優勝した吉田高校をはじめ、エスペU-15の卒業生達も各高校で頑張っているようで嬉しい限りですが、勝負は県大会で勝てるかどうかです。
北信代表の各チーム、エスペOBの選手達の活躍を期待しましょう。