月別アーカイブ: 2008年1月

長野県クラブユース連盟10周年記念パーティー

27日(日)、U-15が所属するクラブ連盟創立10周年記念パーティーが行われました。月曜日のスポニチにも載っていましたね(小さくですけど)


パティーは連盟が輩出した3人のJリーガーからのビデオレターの上映や10年を映像や写真、創立当時の方々の思い出話などで盛り上がりました。


それにしてもこの10年で長野県U-15年代は変わりました。これからの10年、20年・・・どんな歴史を築いていくのでしょうか。


中野エスペランサも頑張らないと。


1月の長野県縦断ドライブ

今日はU-15が佐久市中込中学Gでシンカーズ、中込中と練習試合を行いました。さすがに東信なら雪はないだろうと組んだ試合でしたが、佐久も数日前の上雪でうっすら雪がありました。



試合後、夕方からの諏訪市で行わる3種委員会(中学の役員会)に参加するため、佐久から山越えコースで白樺湖を越えて諏訪入り。諏訪も佐久以上に雪があり驚きました。


帰りの高速で見た限り松本にもかなり雪がありましたね。温暖化が叫ばれるこの頃。上雪も昔より多くなった気がします。


結論的に残念ながら今の長野県でまともにグランドサッカーができるところはなさそうです。来週末は松本でグランドサッカーの練習試合を組む予定でしたが難しそうですね。どうしよう・・・。


アジトカップ

20日(日)に地元の理容店「アジト」さんが主催したフットサル大会「第1回アジトカップ」が開催されました。


大きな企業が大会スポンサーとして大会に関わることは多いですが、個人経営のお店が大会を主催するということは珍しいのではないでしょか。


アジトの店長さんはスポーツに非常に理解があり、エスペランサのスポンサーにもなっていただいているし、地元のフットサルチーム、ロベルカルのスポンサーもされています。そして今回は大会の開催とその情熱は素晴らしいですね!!


中野は昨年のグランセローズの誕生もあり、スポーツ熱が上がってきているのではないでしょうか。中野エスペランサも頑張って地元を盛り上げていきましょう。


アジトHP


アジブロ(アジト店長のブログ)


P.S.アジトさんは仕事帰りでも立ち寄れるようにと21:00過ぎまで営業しています。そして、朝は9:00から営業。こちらの姿勢も素晴らしい!!


U-15、3年生お別れ会

20日(日)U-15の中学3年生のお別れ会がありました。


会には3年生の選手・保護者、指導者が参加して3年間の思い出話に花を咲かせたり、各選手の挨拶、指導者の挨拶、記念品の交換などを行い素晴らしい時間を過ごせました。


嬉しかったのは選手達の挨拶で、みんな自分の言葉で力強い挨拶をしてくれたこと。自分の考えがまとめられてそれをしっかり伝えられる・・・当たり前のことですが、それがなかなかできなかった選手達です。


みんなが感謝の気持ちを口にしていたのも印象的でした。みんな成長したね!!


強豪私立へ進学する選手、地元の各公立高校へ進学する選手と3年生の進路は様々ですが、逞しく成長した彼らなら大丈夫でしょう。


選手のみんな、保護者の皆さん、3年間本当にお疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。


 


【集合写真】


トップチーム本格始動

先週からチーム練習を開始したトップチームが20日(日)にトレーナーの大塚先生の指導のもとメディカルチェックとフィジカルチェックを行いました。


チームとして初めての試みでしたが、測定メニューは10種目以上と本格的なものとなりました。各選手の現状能力の確認、意識の向上に大きな効果が期待されます。今後も定期的にチェックを行う予定です。


 


【クーパー走(12分間走)】


 


【垂直とび】


チームは午後から新年会を行い今シーズンの目標と日程、チーム体制を確認し今シーズンの飛躍を誓いました。今シーズンの目標は


・長野県1部リーグ優勝、北信越2部リーグ昇格


・クラブ選手権長野県大会連覇、北信越大会優勝 です!!


2008年度スポンサー募集開始

トップチームが2008年度スポンサーの募集を開始しました。


中野エスペランサ公式HP


思い起こせば昨年1月、全くの手探りの状態ながらクラブの理念を掲げスポンサーの募集をしたところ、地元を中心に約30社の法人と28名の個人の方にスポンサーとなっていただきました。また中野市を代表する企業「中野土建株式会社」様にメインスポンサーとなっていただきユニフォームに社名も入りました。


その昨年、トップチームはなかなか結果の出せなかった一昨年とはうって変わり、シーズンの大目標を2つとも達成するという快進撃を見せました。厳しい戦いを乗り越えた過程には、たくさんの方に支えられているという気持ち、恥ずかしい試合は出来ないという責任感が選手達の中にあったことは言うまでもありません。スポンサーの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


さて、ここで今シーズンのスポンサー募集を開始したわけですが、もう一度チームのみんなが自覚しないといけません。


プロでなく仕事をしながらサッカーをしているアマチュアクラブに対して、たくさんの方が支援してくださるということの意味を。このクラブの活動に期待してくださるたくさんの方の想いを。


地域クラブにビッグネーム

昨年末大きな話題になったのが元日本代表監督フィリップ・トルシエがJFLのFC琉球総監督に就任したというニュース。


さらに最近驚かされたのが福島県郡山市からJリーグ入りを目指して誕生した「バリエンテ郡山」の総監督に90年代に活躍し欧州最優秀選手にも輝いた経歴をもつジョージ・ウェアが就任したというニュース。しかもこのチームの現在の所属リーグはなんと「県リーグ3部」です。


身近では長野エルザ(現AC長野パルセイロ)の監督に代表監督を歴任したバドゥさんが就任。とくかくすごい時代になりました。


まあ監督じゃなくて「総」監督っていう役職はよくわからない所はありますけどね・・・。


FC琉球HP


バリエンテ郡山HP


高校選手権決勝に思う

注目の集まった高校選手権決勝を観戦しました。昼間は仕事だったので夕方から録画で。


印象に残った選手はやはり流経10番大前。体格手には恵まれていないものの、卓越した技術、敏捷性とバランスの良さ、ゴールの嗅覚・・・とにかく群を抜いていました。


和製メッシと呼ばれる彼の活躍は日本サッカーの可能性を感じさせるものでした。世界的に見ても大型選手の活躍が目立つ中、体格的に劣っていても活躍できる・・・そんなサッカーの可能性を感じました。随所に光るプレーを見せた藤枝東の10番も小柄な選手でしたね。


日本のサッカーは体格では世界にはかないません。でもテクニックや敏捷性で十分戦えるんですよね。


エスペランサU-15にも小学生?と思わせるくらいの本当に小柄な体格ながら県選抜に入っている選手がいます。特に体格差がはっきりしてしまう中学生年代ですが、彼のような選手こそ大切に育てて行きたいなと改めて思いました。


またこの試合で感心したことは流経の運動量の多さ、ルーズボールの奪取率の高さです。この部分は戦術とかシステムとかではない部分ですがゲームの流れを決める大切な要素なんだなと改めて感じました。


高いレベルの試合の観戦は学ぶことがたくさんありますね。


トップチーム2008

今週からトップチームが自主トレという形で始動しています。きのうは13名が集まりミニゲームで汗を流しました。新加入選手数名もすでに合流しています。


昨年、県1部昇格を果たしたトップチーム。2008年の目標はもちろん「県1部優勝」です。


 


光と影

1月8日付けJチームの移籍リストがJFA公式HPに掲載されました。


JFA公式HP


Jリーガー誕生とは対照的にこれだけの数の選手が移籍リストに掲載(つまりクビ)にされている訳です。その中には往年の日の丸選手の名前もズラリ。ドラゴン久保でさえも例外ではありません。若い選手も多いですね。


Jリーグ(プロ)という華々しいステージの裏には本当に厳しい世界が存在します。