月別アーカイブ: 2007年3月

それぞれの新たなスタート

昨日、クラブのホームページをリニューアルしました。一番変わったのはスポンサー様が並んでいること。今年からスタートしたクラブのスポンサー募集に、たくさんの方々にご賛同をいただきました。スポンサーになっていただいた皆様、本当にありがとうございました。また今シーズンより新調したトップチームのユニフォームにもメインスポンサー様の社名も入りました。改めて身の引きしまる思いです。今シーズン、充実した活動をして恩返しをしなければいけません。結果はもちろん、それ以外の育成や地域密着の活動の部分も含めて頑張っていきしょう。

新たなスタートつながりで、今日(30日)のトップチームの練習ではいくつかの「別れ=新たなスタート」がありました。

一人目は高橋。エスペランサJYを卒業後、武蔵工大二高に進学し3年生で引退後、大学進学までの約半年間、トップチームの練習・試合に参加していました。今日のあいさつで「サッカー部引退後、このチームの練習に参加してスキルがあがったと言われました。大学で4年間練習してもっと上手くなってチームに帰ってきて上を目指したいです。」と言ってくれました。嬉しかったですね。4年後、一つでも上のカテゴリーに上げて待ってるよ。

二人目も高校生の阿部ちゃん。地元の高校に通いながらサッカー部のマネージャーではなく、トップチームのマナージャーを3年間一生懸命に勤めてくれました。以前、彼女に「なんで部活のマネやらなかったの?」って聞いた時、「エスペの人達の方が真剣だったから」って答えてくれたことは今でも忘れられません。彼女はこれで大学に進学し中野を離れます。阿部ちゃん、3年間本当にありがとうございました!!彼女の3年間の思いに答えれるよう頑張っていきましょう。

最後はJYの3年生。昨年、セレクションで合格した私立組を中心に、昨年の秋以降たくさんの中学生がトップチームの練習に参加していました。そんな彼らもいよいよ新たな生活のスタートです。寮に入り中信の私立校でチャレンジする選手達は練習後、あいさつに来てくれました。彼らの活躍に期待しましょう。成長していずれトップチームに帰ってこいよ~。

それぞれの新たなチャレンジの始まりです。


FIFAクラブワールドカップ

FIFAクラブワールドカップに開催国枠でJリーグチャンピオンチームが出場できるようになったようですね。

なにか、ピンとこないのは自分だけでしょうか。アジアチャンピオンを目指して戦っている浦和や川崎の立場は?開催国枠だっていって簡単に日本のクラブが出ちゃってもいいのかな?大会の価値は?


代表戦で

「もっとサッカー上手くなりてー」

きのうのペルー戦の高原のゴールはそんな気持ちにさせてくれました。

DFのプレッシャーを受けながら

浮き玉でスピードのあるボールを

きき足ではない左足で

右足でシュートを打ちやすい場所に

フェザータッチでトラップして

早い反転から

コンパクトに振り抜く・・・

本当にため息が出ました。

もうちょっとで中澤とツインシュート打てたのに・・・なんて冗談言ってる場合じゃないですよ(笑)


AC長野、新加入選手を発表

北信越1部リーグからJFL昇格を目指すAC長野パルセイロが新加入選手を発表しました。

AC長野公式 ⇒ http://www.parceiro.jp/

SBC動画 ⇒ http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20070320&id=0118750&action=details

中野エスペランサトップチームにもAC長野の前身、長野エルザに所属していた選手が多いことやスタッフの方でもお世話になったことが多いこともあり身近に感じています。

今年は経験豊富な元Jリーガーが多く加入し、チーム全体のレベルは間違いなく上がったのではないでしょうか。

「異常」と言われるまでにヒートアップしている今年の北信越リーグ。JFLへの挑戦枠はわずか「1」。我等が長野県北信を代表して戦うAC長野の戦いぶりから目が離せません。

北信越リーグ開幕は4月8日(日)です。


旅立ち

短期間でしたがトップチームの練習に参加していた選手が県外チームのセレクションに合格したということで今日の練習でお別れとなりました。

おとなしい印象の選手でしたがサッカーに対する情熱は並々ならぬものを感じました。社会人という立場であっても夢を追いかけて新たな挑戦を始める彼の生き方に乾杯!!

彼に負けないように頑張らないと!!


U-13県選手権大会

今日はU-13(中学1年生年代)の県大会の2次リーグがありました。3チームによるリーグ戦の結果は・・・

中野エスペランサ 7-0 原中

松本山雅FC 1-0 中野エスペランサ

残念ながら1勝1敗で3次リーグへは進めませんでした。

松本からJリーグ入りを目指す「松本山雅FC」の下部組織との試合はお互いハイプレッシャーの中での拮抗した内容で悪くはない試合でしたが、前半に自陣ゴール前のこぼれ球を決められた1点を取り返せずに敗れました。

昨年、3年前と長野県代表として北信越大会に出場した先輩達も1年生年代では勝てませんでした。でも「田舎の雑草軍団」はそこからの必死の努力で3年生時に北信越大会出場を勝ち取るまでに成長しました。

特に3年前の代はこの大会で負けた時、何人もの選手が号泣していました。自分も他のコーチもそんな彼らを見て涙しました。その時のことは今でも忘れられません。

今大会の敗戦でどれだけ悔しい思いをしたか・・・

「田舎の雑草軍団」の新たなスタートです。



【松本山雅戦、試合前のセレモニー】

P.S.

2日前の書き込みで「今年はアルウィンでのJリーグ公式戦がないようですね」と書きましたが訂正です。J1の試合はないけれど、J2の試合が数試合組まれているようです。ザスパのHPにも掲載されていましたね。ごめんなさーい。


長野でJリーグ

今年はアルウィンでのJリーグ公式戦がないようですね。残念です。地域リーグ決勝大会とキリンカップが開催されるとのことですが・・・。

やっぱり、長野県にJチーム欲しいですね。Jのない寂しさ感じます。

頑張れ、AC長野、松本山雅FC!!


松商学園

U-15の卒業生もお世話になっている松商学園サッカー部のブログです。よく拝見させてもらっています。まめに更新されているのと写真が多く使われていて楽しみにさせてもらっています。

松商学園サッカー部ブログ ⇒ http://blog.livedoor.jp/vivanagano/

最近はなかなか結果を出せないでいる松商学園ですが、現2年生のセレクションには当時中学3年生の県選抜の選手がほとんど来ていました。今年のチームは優勝候補最有力ではないでしょうか。

県内高校年代のトップ、松商学園の活躍に注目しましょう。


サポーターの力

先週末のJ1アルビレックス新潟-浦和レッズの試合は、ホームの新潟が0-2から終了間際の数分でドローに持ち込みました。これってやっぱりホームの利、サポーターの力だと思うんですね。昨年のJリーグ覇者で2チーム分の戦力を有する浦和にアルビが引き分けるってことは間違いなく+αの力が働いているのでしょう。

昨年、アルウィンで行われたアルビ-ヴァンフォーレの試合ではあまりのアルビサポの迫力に圧倒されたのを憶えています。もちろん試合もアルビが大勝しました。

もっと身近な北信越リーグでも長野エルザや松本山雅にもサポーター組織ができ盛り上がっていますが、自分の中で一番印象的なのは上田ジェンシャンサポーター。東京の方達らしいのですが、数人でジェンシャンの試合会場に駆けつけてはスタジアム全体に届くような声でパワフルな応援を続けます。

選手達はあのパワフルな応援にどれだけ勇気付けられるのだろう・・・。

中野もサポーター組織できないかなー。


みゆき野フットサルリーグ5連覇

トップチームが参加しているみゆき野フットサルリーグの決勝戦があり、5連覇を達成しました。

中野エスペランサ 7-0 みゆき野FCジンガ

みゆき野フットサルリーグは地域の学生~社会人までが参加するリーグで、来シーズンは10回の記念大会になるそうです。懇親会の席で実行委員長の高森さんともゆっくり話をさせてもらいましたが、野球やウィンタースポーツが盛んなエリアで地道に活動を続けている関係者の方々の地道な努力には感心させられました。

思いは同じです。中野もみゆき野も仲間。みんなで協力して北信濃のサッカーを盛り上げていきましょう。