月別アーカイブ: 2007年2月

サッカー三昧の日々

昨日もサッカー漬けの一日でした。仕事の合間に(隠れて)週末のU-15入団説明会の資料作りをし、夕方からキッズ教室のコーチ。さらにその後、木島平村に直行し、みゆき野フットサルリーグに出場。結局、家に帰ったのは10時半を過ぎていました。

時間に追われている感はあるものの、毎日大好きなことに没頭できる自分は幸せものですね。まだまだ頑張らないと!!


週末いろいろ

先週末は午前様の飲み会が続いて、ブログの更新ができませんでした。なかなか寝不足も解消されません。いい年のおっさんなのに・・・。

さて、先週末U-15は土曜・日曜と今シーズン最後のフットサル大会、須坂ドラゴンカップに参加しました。

土曜の1年生大会では見事優勝。しかも全試合無失点という離れ業での優勝ということで来月に迫ったテプコカップに弾みをつけました。

【デジカメ忘れて携帯で撮影し案の上、失敗写真。ごめんなさい・・】

日曜の2年生大会では地元須坂ヴェンセールA・Bに敗れ3位でした。

トップチームも新戦力を加え、練習試合を重ねています。いよいよ目前に迫ったグランドシーズンの開幕に向け、良い準備をしたいものですね。


ぽかぽか陽気に誘われて

どもどもかみさんです。

今日は2月とは思えない陽気でしたね。

そんなわけで我が家は近くの公園へピクニック。

。。。のはずでした。途中までは。                       

途中、例の人がボールをどこからか持ってきちゃいました 

一方的な親子サッカー教室の始まりです。。。

まだまだボールは食べるのが一番楽しい息子に向かって

旦那が千本ノックよろしくボールを蹴ってきます。

                         

息子も始めは相手にしていなかったのですが 

父親が不憫に思えたのでしょう。

キャッチングしはじめました。


その後旦那は不用意に動きの多いリフティングを息子に披露し

そして疲れたのか息子となにかを語り合い始めました 

                      

うららかな春の一日の出来事でした



中学3年生

今日のトップチームの練習には先日行われた前期選抜で合格した中学3年生2選手が参加しました。久しぶりに一緒にプレーできて嬉しかったです。

それでも、昨年の秋から参加している私立合格組みと比べると動きはまだまだ。受験で空いてしまった半年を取り戻すのは大変です。トップチームの練習に参加したり、高校の練習に参加したりして、高校入学時に良いスタートを切れるようにしてもらいたいと思います。

この代は思い出がたくさんあります。今から彼らの高校での活躍が楽しみです。

【写真は昨年のクラブ選手権、3位決定戦に勝ち北信越大会の出場権を獲得した瞬間のもの】


フットサルに対する疑念

長野県サッカー協会HPにJFAファミリーフットサルフェスティバル2006の案内がUPされていました。

http://www.fa-nagano.jp/iinkai11-36.htm

その要綱の中で気になったのが、参加資格「2006年度日本サッカー協会フットサル個人登録済であること」です。「ファミリーフットサルフェスティバル」と言いながらJFAの登録が済んでいないと参加できないようです。これってどうなんでしょうか。これからフットサルをしてみたいという人もお金を払って登録しないと参加できないのですよね?本気で「普及」に努める気があるのでしょうか・・・。

あくまで個人的な意見ですが、サッカーとフットサルの両方に関わっている人間としてフットサルにはいつも「お金」がついて回ります。

エスペランサU-15が毎年参加している県のフットサル選手権では、その大会の為「だけに」JFA個人登録を済ませ、サッカーでは考えられない高額な参加費を支払いエントリーしています。育成年代の大会ですよ。思わず1試合いくら?と計算してしまうくらい高額です。しかも大会パンフレットの配布数は1チーム数部。こりゃ、ボッタクリか?みたいな・・・

先月、フットサル4級審判員の更新講習会を受講してきました。その講義では、冒頭10分以上はルールブックの誤字脱字、図解誤りの訂正でした・・・。一生懸命に講義している恩師の担当インストラクターの方がかわいそうに思えました。

やる気あるんでしょうか?・・・まあ、お金集めの方はやる気満々ですけどね。

近年、人気が出てきたフットサル。でも協会がそれにあぐらをかいて間違った方向に行ってしまえば終わってしまいますよ。


値上げ

我等がホームグランド、中野市営Gの使用料、照明料が19年度からナント「倍増」します!!

中野市の財政が厳しいということで体育館を含め体育施設の照明料が一斉値上げになりました。市営Gナイター使用料は1時間1,200円から2,400円へ。これはトップチーム、U-15の会計に大きな打撃を与えると思われます。

まさに、「事件は現場で起きている」という感じですね。せめて育成組織のU-15の使用料だけでも減免措置をしてもらえると助かるのですが・・・。


紅一点

今日は中学生長野市長杯フットサル大会がありました。クラブユースフットサル大会と同様に1年生が2年生チームを連破し準優勝を果たしました。2年生は予選リーグを全勝で突破しましたが、準々決勝で敗れました。2年生、頑張れよ!!

【写真は決勝戦前のセレモニー】

さて、話は本題へ。今日は2年生の選手のお母さんがフットサル審判デビューを果たしました。正に紅一点。男性ばかりのピッチに審判員として女性がたったのですから勇気のいるチャレンジだったと思います。

これって素晴らしいことだと思うんですよね。少なくとも自分がフットサル大会で女性の審判員を見たのは初めてです。サッカーにしろ、フットサルにしろ、こんな光景が増えていけばサッカーの裾野が広がっていると言えるのではないでしょうか。

サッカーを楽しむことに、性別も、年齢も関係ありませんよね。そんなことを再確認させてもらった「カッコいい」ママさん審判員に大きな拍手を!!


AC長野パルセイロ

先日も北信越リーグの変貌ぶりについて書きましたが、身近にあるAC長野パルセイロ(旧長野エルザ)から2人の元Jリーガーの入団が発表になりました。

長野エルザ公式 ⇒ http://www.naganoelsa.jp/

AC長野は昼間の練習、クラブハウス、練習場の確保、そして今回の元Jリーガーのプロ契約選手の発表と、体制的に着実にステップアップしてきました。

これだけ聞くとすごい!と思うのですが、他の北信越1部リーグのチームの変貌ぶりがまたすごい。

松本山雅FC、ツエーゲン金沢は昨年に引き続き、積極的な補強をすすめていますが、昨年優勝争いにからめなかったフェルボローザ石川・白山FCはマリノスから各年代の日の丸を経験している阿部祐太郎の入団を発表。そして宮崎で長期合宿を組みJチームと練習試合を重ねています。どこからそんなお金が出てくるの?みたいな・・・。さらに昨年1部で優勝したJAPAN、2部から昇格しJリーグ昇格を掲げているヴァリエンテ富山の動向もはっきりしないだけに不気味です。

このリーグで優勝し地域リーグ決勝大会に進めるのは1チームだけ。さらに全国の強豪チームが集まる地域リーグ決勝大会を勝ち抜き、JFLに昇格できるのは1~2チーム。本当に厳しい戦いです。

頑張れ、AC長野パルセイロ!!


頑張れ、滉介!!

中野エスペランサU-15から松商学園に進んだ石沢滉介が頑張っています。先日行われた中日本ユーススーパーリーグU-17のジュビロ磐田戦でも先発フル出場を果たしたようです。

ジュビロ磐田公式 ⇒

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2007/U070210_925.php

彼は中学生時代、決して上手い選手はありませんでした。どちらかというと不器用な部類だったかもしれません。だだ彼は貪欲でした。指導者の言うことを真剣に聞いて向上していこうという姿勢が郡を抜いていました。何度も指導者に質問を投げかけてきました。

県トレのフランス遠征でのエピソード。彼は現地のコーチに最初の試合から「あり得ない」を連発され、怒られ続け、もう日本に帰りたいと思ったそうです。でも、遠征の終盤には、多くのプレーが改善され、そのコーチからも「彼は将来プロになれる」と褒められるまでに成長したそうです。

彼のそんな姿勢は現中学生にとっても良いお手本だし、彼の高校での活躍は現選手達、我々指導者の大きな励みにもなります。

頑張れ、滉介!!


おめでとう。

今日は高校入試、前期選抜の合格発表の日でした。早速、3年生数人から合格の報告を受けました。毎年のことですが嬉しいことですね。

残る後期選抜の3年生も昨年のクラブ選手権でみせた「最後まで諦めない闘う気持ち」で合格を勝ち取ってもらいたいと思います。あの時の3年生の戦いぶりは今思い出しても涙が出るぐらい素晴らしいものでした。自信を持って最後まで闘ってください。吉報を待っています。

私立高校合格組は昨年の秋からトップチームの練習に参加しています。今回、合格が決まった3年生は、高校入学時に良いスタートが切れるようにトップチームの練習に参加したり、早く高校の練習に参加してレベルアップを図ってもらいたいと思います。

頑張れ、中学3年生!!