月別アーカイブ: 2006年12月

感謝

いよいよ大晦日。あと数時間で2006年も終わりです。

今年を漢字一文字で表すと 「蹴」 って言っちゃうとそれで終わっちゃいますね(笑) 今年はやっぱり 「生」 でした。

長男の誕生、そして自分も1年間健康で、そして家族の理解があってサッカーを出来たこと。年でしょうか、なにか「生かされてる」と感じるんですよね。やっぱり家族をはじめ、たくさんの仲間のおかげで1年間サッカーが出来たんだと思います。

今年一年本当にありがとうございました。

来たる2007年も中野エスペランサ、そして自分の挑戦が続きます。また来年も当ブログでおバカなことを書きながらやっていきますので、みなさんも懲りずにお付き合いください(笑)

それでは皆さん、よいお年を!!

P.S.

東海、残念でしたね。関係者の皆さんお疲れ様でした。


全国高校サッカー選手権開幕!!

全国高校サッカー選手権開幕が今日、開幕します。

大会公式HP ⇒ http://www.ntv.co.jp/soc85/top.html

開幕のカードは全日本ユース・チャンピオンの滝川第二 vs 暁星。観たいな~。滝二は22年間チームを率いてきた名将、黒田監督が今大会を最後に勇退し、07年度からJ1神戸の育成部長に就任するそうです。そう言えば、CEDAC卒業生の三沢君も神戸入りが決まったっけ・・・って最初から思いっきり脱線(苦笑)

話を戻して、我らが長野県代表の東海大三は明日31日に奈良県代表の一条と対戦します。

選手権での最近の長野県代表の戦いぶりは・・・

【2005】 2回戦 鹿児島実業(鹿児島) 5-0 上田西

【2004】 2回戦 多々良学園(山口) 1-0 東海大三

【2003】 1回戦 南宇和(愛媛) 2-1 松商学園

【2002】 1回戦 地球環境 3-1 立正大湘南(島根)

       2回戦 山形中央(山形) 1-1 PK 6-5 地球環境

【2001】 2回戦 国見(長崎) 4-1 松商学園

【2000】 1回戦 暁(三重) 2-0 松商学園

非常に厳しい戦いが続いていますが、東海さんには長野県代表として一つでも上に行って欲しいですね。東海コーチの佐々木さんは自分に歳が近い若い指導者で、どんなサッカーを見せてくれるか、注目しています。また主力でプレーしているJY諏訪FC卒業生の数名の選手も中学生時代のクラブチャレンジでプレーを見ているのでどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみです。

頑張れ、長野県代表、東海大三!!

P.S.

毎年のことですが自分は明日も仕事です。

「えのきは待ってくれません!!」

サッカーカンファレンスで聞いた「世界のサッカーは待ってくれない!!」にかけた名言です(笑)


蹴り納め

きのう、27日(水)の練習がトップチームとU-15の蹴り納めとなりました。

U-15はエスペランサカップフットサル大会(仮称)を身内で開催。景品のジュースをかけてきわどいプレー続出の壮絶な?戦いが繰り広げられました。普段の試合もこれくらい元気にやれればいいのですが。トップチームもゲーム三昧。大人げないハッスルプレー続出で盛り上がりました。

サッカーが好きでサッカーを楽しむ姿勢はトップもU-15も何ら変わりはないんですね。ついでに悪ふざけするところも(笑)

初蹴りは1月3日。練習初めは1月4日。つかの間のオフです。


地球温暖化?!

雪がありません。

本当に暖冬ですね。昨日、今日の大雨も、普通この時期であれば大雪ですよね。やはり地球温暖化の影響でしょうか。自分が子供だったを思い出すと12月~4月の頭くらいまでは庭に雪がありました。

チームの練習も12月は最初から「雪が降るだろう」「寒くて練習にならないだろう」と思い込み、体育館練習にしてしまいましたが、今になれば十分グランドでも出来たな~とちょっと後悔しています。

近い将来、中野でもほぼ通年でグランドでサッカーが出来るようになってしまうのかもしれません。ちょっと嬉しかったりして・・・(笑)

P.S.

そうは言っても、もちろん「STOP、温暖化」ですよ。苦しいフォローですけど(苦笑)


大原女子、新チーム名募集

なでしこリーグ1部復帰に復帰した大原女子チームが来シーズンからの新チーム名を募集しています。

信毎記事 ⇒ http://www.shinmai.co.jp/news/20061223/mm061223sha5022.htm

この記事の中の「採用になった人の中から1人に賞品として3泊4日のハワイ旅行を贈る予定」という所にうちのかみさんが飛びつきました。年末ジャンボより当たる可能性ははるかに高いという計算でしょう。さすがはうちのかみさん。

「上田大原?????」・・・・・・もちろん自分も悩める日々が続いています。正統派でいこうか、オンリーワンでいこうか、笑いをとるのか、、、おっと~これを読んでる皆さんは応募しないでくださいよ。当選の確率が下がりますから(冗談)

P.S.

大原は男子が北信越リーグ昇格、女子がなでしこ1部復帰、フットサルが選手権で全国大会出場と上り調子ですね。注目です。


厳しい現実

先週、日本協会HPにJリーガーの移籍リストが掲載されました。毎年このシーズンになると大量の解雇者、つまりクビになった選手の一覧が掲載されています。特に今年のリストには代表経験者も多く、驚かされました。

日本協会公式 ⇒ http://www.jfa.or.jp/family/players/news/061219_06.html

表向きの華やかさと対照的にこれだけの選手が毎年解雇されるという厳しい現実。Jチーム数が増大した現在、「Jリーガー」がブランドだった時代は終わったのかもしれません。Jリーガーのセカンドキャリアにおける「商品価値」も実際にどれだけの活躍をしたのか、ということが問われてくるようになったのではないでしょうか。


祝、そしてその先へ

中野SSSが北信少年リーグでAリーグ(U-12)、Bリーグ(U-11)の2リーグで優勝しました。

おめでとう!!

P.S.

U-12は県大会では、なかなか実力が出せず悔しい思いをしましたね。中学でリベンジしよう!!

U-11は来年の「全国」期待してるよ!!


地元スポーツ環境

最近、中野のスポーツ環境に関わる動きがあったようです。

まず、我らがサッカー。市議会でサッカースタジアム(グランド?)建設に関する質疑があったようです。市の財政が苦しい中、大変な「チャレンジ」ですが、第1歩を踏み出しました。これからは我々サッカー関係者、それから市民の方の「声」を行政に届けていくことが必要になるのではないでしょうか。期待しているだけじゃ変わりません。実際にどれだけの人が動けるか、が大切だと思います。頑張りましょう。みんなで。

次は野球。先週の地元紙でも掲載されましたが、何かと話題の信濃グランセローズの練習会場の招致に中野市が名乗りを上げているようです。市営野球場に隣接し私達が使用している市営運動場にも影響は出ないのか、と心配する半面、地元にプロスポーツチームが関わることで地域全体のスポーツの盛り上がりも期待できるのでは?と期待しています。

・・・時代の動きは早いですね。身近でもそんなことが感じられるようになって来ました。こういう時代に大切なのは「周りに流されない理念・信念」ではないでしょうか。中野エスペランサもチーム名を変更しクラブ組織化を図ってから5年目のシーズンを終えようとしています。改めてクラブの目指す方向をはっきりさせ足固めを図る時期なのかもしれません。


みゆき野フットサルリーグ

18日(月)みゆきのフットサルリーグの予選リーグ第2戦が行われました。結果は

中野エスペランサ 14-2 UNITED(北信1部)

第1戦と同様に開始直後に失点・・・。そこから盛り返し、終わってみれば二ケタ得点でした。

P.S

昨日の「守備力」のブログ記事、書いているときも嫌な予感はあったのですが、案の定、今日来た守備陣から突っ込まれました(笑)



【体育館が暗いためか、きれいに撮れず・・・。中央でボールを持っているのは「フットサルの鬼」No18竹内敏高選手】