月別アーカイブ: 2006年4月

大敗の価値

松本山雅FC 5-0 中野エスペランサ

完敗です。しかも山雅のメンバーはほとんどが控えの選手・・・

でも、下を向くことは全くありません。

昨年、エルザさんに練習試合でやられてから、チームはどんどん良くなっていきました。チームの目指す上のレベルのサッカーを肌で感じることが出来たからでしょう。

まさに、お金では買えない貴重な経験ですね。

この経験を本当の意味で価値のあるものにできるかどうかは、今後のチームの取り組みにかかっています。

P.S.おかげさまでU-15はクラブ選手権予選初戦は5-0で快勝しました!!


いよいよ明日、山雅戦!!

社会人選手権4回戦、vs松本山雅戦がいよいよ明日に迫りました。

山雅さんのHPや関係のブログでも告知されています。

⇒山雅(ASP)公式:http://alwin.org/index.php

⇒関係ブログ:http://blog.goo.ne.jp/greengateflag

先日、ジーコ監督は会見で「サッカーは何が起こるかわからない」と言っていましたね。

どんな試合になるのか、とにかく楽しみです。

・・・と言っておいて自分は地域の消防団で大きな行事があり、役をしているためどうしても参加できません。みんなご免なさい。(オチ)

さらに、29日はU-15もクラブ選手権開幕戦があります。こちらもご免なさい。(さらにオチ)

両方、とにかく勝て!!(まとめ)


Fリーグ?

先週の話になりますが、日本サッカー協会から「フットサル全国リーグ」の設立が発表されました。

JFA公式:http://www.jfa.or.jp/CGI/top/top.cgi?key=pick&0=3219&lf=&yymm=

地域密着を目指しているチームを加盟条件に組み入れるなど、将来はJリーグのように発展させたいという方向性が感じられます。

とにかく、最近のフットサル人気は凄いものがあります。簡単にチームを作れる手軽さも手伝って、市内でもかなりの数のフットサルチームが活動をしているようです。

また、若者にも浸透していて、県内の高校でも「フットサル部」があるところもあるそうですし、大学や高校でさえも、サッカー部に入らず仲間でフットサルチームを作っているなんて話も聞きます。

サッカーを取り巻く環境はどんどん変わっていますね。


キッズ教室

今日24日、キッズサッカー教室を開催しました。風が強く寒い中での教室でしたが、今回は新たに3名の子供達が加わりにぎやかな教室となりました。

今回嬉しかったのは、アシスタントコーチをお願いしたU-15の4選手が本当に一生懸命コーチ役をやってくれたことです。コーチが無理を言う(笑)動物の物まねから、厭きてしまった子供達の面倒見、小さな子供達の目線に立って声をかけてくれる・・など我々コーチ陣が嬉しくなるほど一生懸命やってくれました。

我々にとってもちろん、キッズ年代の子供達も「宝物」だし、その子供達の面倒を一生懸命見てくれるU-15の選手たちも間違いなく「宝物」です。

次回のキッズ教室は5月8日(月)開催です。



写真:中野のサッカーを担うのは君達だ!!!(もちろん、キッズ・中学生共に)

P.S.実来、勝也、直樹、朝陽、ありがとね!!


北信越リーグ観戦

北信越リーグ、「元祖信州ダービー」長野エルザ-上田ジェンシャン戦を観戦しました。

試合結果は7-0でエルザが大勝。後半だけの観戦となりましたが、エルザのシンプルで正確なプレー、長い距離を走れる運動量など、勉強になりました。

数年前まではジェンシャンが優位に立っていたこの対戦ですが、試合内容はもちろん、観客の数、選手の顔ぶれ、トラックにおいてあるスポンサーボードの数々・・Jに向かって強化を進めるエルザはどんどん姿を変えているんだなと実感しました(チーム名も公募により変えるようですね)

注目の松本山雅FCとツエーゲン金沢の「直接対決」はアウェーの山雅が見事に1-0で勝利。まだまだこの先どうなるか注目です。

頑張れ、長野!!


北信北トレセン選考会

中学2、3年生の北信北トレセン選考会が墨坂中グランドで開催され、エスペランサから県トレセン以外の24名が参加しました。

そこで感じたことは「みんな上手いし頑張っているんだけど・・・」

「・・・」の部分はすごく難しくて、うまく表現できるか分からないけど

・個性がない、武器がない選手が多い、またそれがあっても出そうとしない

・積極性が足らない、自分からボールに関わろうとしない

・自分の考えを伝えられない、声が出せない

もちろん、そうではない選手も何人もいましたが、全体としてそれが少ないのでは?

そんな印象を受けました。

自分が学生の頃(つまり、昔・・)は今ほど技術はなかったけど、みんなもっとパワーがあったようにも思います。

・とにかく自分からボールを呼んで、自分がボールを持ったときには何かやってやろう!!

・声だけは誰にも負けない!!

・ドリブルで縦にガンガン勝負!!

・取られたら何が何でも取り返す!!

・何でもいいから目立つ!!(笑)

なにか淡々とクールで大人のプレーをしている今の選手たちを見ていると物足りなさを感じました。

(もちろん熱いプレーをしている選手もたくさんいましたけど)

我々指導者が選手たちに伝えないといけないことはたくさんあるけど、やっぱりもっともっと「ハート」の部分を伝えていかないといけないな、と改めて感じました。


ジーニョのアシスト

CL準決勝第1戦、ミラン×バルセロナの得点シーンみましたか?

ジュリの豪快なシュートはもちろんですが、やはりゴールをアシストしたロナウジーニョのパス・・・ため息が出ました。

・ガットゥーゾのプレッシャーを受けながら

・バランスを崩した後、立て直し、ルックアップした瞬間に

・助走がないワンステップで

・上半身と違う方向へ、膝下の柔らかく、しかも早い振りで、ノールック気味に

・方向、角度、強さみんなドンピシャで

・チップキック気味で、バウンド後のボールの勢いを殺しゴールラインを割らないし、GKジダも出れない「やさしい」・・・パス。

なんだか物語のようですね(改めて感心)

あんなプレーしてみたいな~♪

あんなプレーが出来る選手育てたいな~♪


totoの苦悩・・・

サッカーくじ「toto」の売り上げ低下が続いています。

今回もこんな記事が出ていました。

りそな銀行がスポーツ振興くじ(サッカーくじ、toto)を運営する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」に対し、未払いになっている販売委託手数料など約144億円の支払いを求める最終督促状を送付したことが、18日、明らかになった。

・・・かなりヤバイ、っていうやつでしょうか。

totoがただのギャンブルだったら、そーなんだで終わるところですが、「スポーツ振興くじ」であるtotoが成功するかどうかは、我々スポーツに関わる者からしたら大変な関心事です。

実際、海外のイタリア、フランス、スペイン、ブラジル、アルゼンチン・・・などのサッカーの強豪国では、サッカーくじが成功し、サッカーだけじゃなくスポーツ全体の振興に莫大な助成金を捻出するシステムが出来ています。

日本でもサッカーくじが成功すれば、夢のような話ですが、「助成金で中野にサッカースタジアムをつくる」なんて話だってありえると思います。(分かりやすい例えとして)

未だにtotoに拒絶感を抱く団体もあるし、まだまだ日本では難しいのでしょうか。でも、日本サッカーが世界のトップを目指す上でtotoの成功は欠かせない要素だと思います。

・・・と言ってる自分もここ何年かは全く買っていません。かつては2等で十数万円をゲットし燃えていた時期もあったのですが(笑)

toto公式サイト http://www.toto-dream.com/


癒しの時間

最近、何かと忙しくて時間に追われる毎日を送っています。そんな時にこそ癒しの時間が必要かなって思って撮ってみました。

お花が大好きな母親が作ったうちの花壇の花々です。春ですね~

今回は「サッカーも感性が大切」なんて無理やりこじつけるのはやめてリラックスしましょ・・・


北信越リーグの結果に思う

今更ですが、日曜日に行われた北信越1部リーグの結果です。

新潟経営大学サッカー部 0-4 長野エルザSC

FC.上田ジェンシャン 0-2 Japanサッカーカレッジ

テイヘンズFC 0-7 ツエーゲン金沢

松本山雅FC 3-0 フェルヴォローザ石川・白山FC

「J」を目指す山雅、金沢は2連勝、エルザも山雅との開幕戦は落としたものの大勝していますね。

開幕節でもそうでしたが、「J」を目指すチームとそれ以外のチームの試合ではかなりの大差のつく試合が目立ちます。

ここからは本当に個人的な意見ですが、地域リーグで「J」を目指すチームは、地域リーグとは別に最初から集めて「JFLチャレンジリーグ」みたいな感じで昇格チームを決めたらいい、と思うのですがどうでしょうか。

もちろん資金面や会場の確保、移動距離など問題は多いと思うのですが、試合結果を見ると、なにか土俵が違うという感じがしてなりません。

そうは言っても、長野からJを目指すエルザ、山雅の負けられない戦いが続きます・・・

次節はいよいよ、松本山雅 vs ツエーゲン金沢の「直接対決」です。頑張れ、長野!!