カテゴリー別アーカイブ: サッカー全般

猛暑とサッカー

毎日暑い日が続いています。
猛暑と言われた昨年の夏より更に熱いのではないでしょうか。
サッカーは屋外スポーツですのでもろに天候の影響を受けます。
自分は「7月からお盆までは昼間の公式戦を控えた方がいいのではないか」と思っています。
以前、Jリーグの活性化案でも書きましたが、暑さで選手の試合のパフォーマンスが落ちれば、試合自体の魅力が下がります。
また、育成年代の選手達に給水タイムまで設け、頭から水をかぶってまで試合をさせるのは酷ですよね。
彼らは大人と違ってまだまだ自分をコントロール出来ない、つまり限界まで頑張り過ぎてしまうため常に「熱中症」の危険と隣り合わせです。
さらに言うと、温暖化が進んでいる近年は「ゲリラ豪雨」や「雷」が明らかに昔より増えました。
先日もトップチームの試合が雷のため中止となりましたね。
熱中症や雷でサッカー選手や観客が実際に死亡した例は多く報告されています。
今後、日本サッカーがこの猛暑に対してどう対応していくのか、サッカーファミリーみんなで議論する時が来ているのかもしれません。


インターネットを使った情報発信の重要性①

多くの人がインターネットで情報を得る時代になりました。
自分が考えているのは現代、何かをする時にインターネットを情報を発信していく重要性です。
仕事然り、サッカークラブの運営も然りだと思います。
実は自分はこのブログで2つの実験を行いました。
当ブログを多く見ていただいている皆さんは気がついた方もいらっしゃるかもしれません。
①今まで一日1回だった更新を一日2回に増やしました。頑張って(笑)
②ブログにクラブの普及活動の様子を載せた後に必ず「詳しくはクラブHPご覧ください」とアドレスを載せました。
約1ケ月間行った実験で当ブログとクラブホームページへのアクセス数が実験前と比べてどれだけ増えるのかを確かめるためです。
おっと、ジュニアスクールの時間が近づいてきました。
サッカー少年少女がグランドで待っています!!
実験の結果報告はまた後ほど。


サッカーと金

あまり大きなニュースになっていませんがセリエAで3度の得点王に輝いたジュゼッペ・シニョーリが八百長、賭博に関与したということで逮捕されました。
自分も大好きだった選手だけにショッキングなニュースでしたね。
最近だけでも自殺者も出した韓国Kリーグの八百長問題、そしてFIFA会長選の買収疑惑、と「サッカーと金」にまつわる悪いニュースが後を絶ちません。
当然、プロスポーツは「真剣勝負」「フェアプレー」が大前提です。
日本の大相撲のようになる前に、世界のサッカー関係者がもう一度原点に返り、プロスポーツとは何か、自分達の愛するサッカーをどうしていくのか、を真剣に考える時が来ているのかもしれません。


大阪、新スタジアム構想「撤回」に思う

あまり大きな話題になっていないかもしれませんが先週、残念なニュースが流れました。
大阪駅となりに建設が予定されていた8万人収容の新スタジアム構想を大阪市長が「撤回」したニュースです。
朝日新聞.com(大阪市長、新スタジアム構想撤回)
日本がワールドカップ誘致に敗れたのが理由のようですが今回の件はいろいろと考えさせられます。
行政からすると今回の新スタジアム構想はワールドカップという世界的なイベントのための「箱物」でしかなかったということです。
つまり、ワールドカップ「後」にもガンバやセレッソなど地元クラブが使用することで期待される地域活性化や経済効果、スポーツ文化の恩恵というような発想があまりなかったということでしょう。
しかも地元に昨年のJ1で2位、3位になったガンバ、セレッソの両クラブがあるのにも関わらず、です。
もちろん、スタジアムの新設には多額のお金がかかわるわけですし、すでにスタジアムがあるじゃないかと言われてしまえばそれまでですが・・・。
サッカー先進国のヨーロッパや南米の国には人口数万の本当に小さな都市でさえも、おらが町の立派なサッカー専用のスタジアムがあります。
それらは別にワールドカップやオリンピックのために作ったものではないのです。それらのスタジアムはおらが町のクラブの「日常の」試合のために作られたのです。
スポーツ文化はワールドカップやオリンピックなどの「非日常の」イベントを単発で開催しても根付きません。
Jリーグが目指す豊かなスポーツ文化の定着は、週末になればおらが町のクラブを地域みんなで応援するという「日常の」積み重ねの先にあるのです。
今年はJリーグがスタートして18年目のシーズンになりますね。
Jリーグ100年構想はまだまだスタートしたばかりです。
Jリーグ公式(Jリーグ100年構想)


サッカーの奥深さ

なかなか更新できずスミマセン。朝、太陽が上がってから夕方、沈むまで畑で仕事をしている毎日です・・・。
さて、きのうの夜は録画しておいたヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝を観ました。今更ですが(笑)
試合はインテルが昨年のバルセロナと全く違うサッカーで勝ちました。モウリーニョは凄いですね。
また先日、日本代表が今まで積み重ねてきたサッカーで韓国にコロっと負けたかと思えば、強豪イングランドには4-1-4-1(4-1-2-3?)という場当たり的な?システムが見事にハマり善戦しました。
サッカーは奥深いですね。まるで生き物の様です。だからこそ、多くの人を惹きつけ魅了するのでしょうか。
来たるワールドカップで各国代表がどんな戦術でどんな戦いをみせるのか楽しみですね。


サカダイ

愛読書、週刊サッカーダイジェストです。
毎週火曜日発行でサッカーのあらゆる情報が詰まっているし、週刊なので情報が新しいし、サッカーバカにはこたえられない一品です(笑)
購入店は近くのセブンイレブン、N宮店。
サッカー雑誌を置いているコンビニが少ない中、近くに住む自分の情熱を感じ取ってくれているかのように(?)ちゃんと置いてくれてありがとうございます。
そして自分はそのご恩に報いるため、サッカー普及のために、ちゃんと購入するという素晴らしいサイクルが出来あがっているのです(笑)
091014.jpg
【今週号の表紙は星稜高時代の本田圭佑。先日見た星陵中のユニフォームと重なりすぐに目が行きました】


天皇杯続報

今日の信毎に天皇杯本大会の組み合わせが載っていましたね。
今年は大会活性化のため2回戦からJ1、J2勢全チームが登場します。
これは、ナイスアイディア!!
サッカー天皇杯はアマチュアのおらが町のクラブや学生がJクラブと真剣勝負できる素晴らしい大会です。多分、他のスポーツからみれば羨ましい大会でしょう。
長野県代表は松本山雅FCに決定。1回戦は予想どうりJFLのFC刈谷でしたね。勝てば2回戦で浦和レッズと対戦することになります。
山雅は昨年、この大会でJ2湘南ベルマーレを倒しているしJFLの下位に低迷する刈谷を倒す可能性は十分あるのではないでしょうか。
また1回戦の試合会場はホームのアルウィン。熱いサポーターを有する松本山雅のアドバンテージは大きいでしょう。
アルウィンで地域リーグ屈指のサポーターを有する松本山雅FCとJリーグ屈指のサポーターを誇る浦和レッズが激突する・・・はい、見てみたい(笑)
長野のサッカーにとって今年の天皇杯は楽しみな大会になりました。
<天皇杯1回戦>
9月19日(土) 松本山雅FC vs FC刈谷 @アルウィン 13:00キックオフ
<天皇杯2回戦>
10月11日(日) 松本山雅・刈谷の勝者 vs 浦和レッズ @アルウィン 13:00キックオフ


第89回天皇杯

サッカー日本一を決める伝統の「天皇杯」のシーズンです。
<長野県代表決定戦>
8月30日(日) 長野パルセイロ vs 松本山雅FC @アルウィン 13:00キックオフ
<本大会1回戦>
9月19日(土) 長野県代表 vs 愛知県代表 @アルウィン 13:00キックオフ
<本戦2回戦>
10月11日(日) 長野県代表or 愛知県代表 vs 浦和レッズ @アルウィン 13:00キックオフ
なんと今年はアルウィンに浦和レッズが来ます。
GWに埼スタで見たレッズサポーターはものすごかったです。
今回も某コンビニではレッズ側ゴール裏前売り券が速攻でSOLDOUTになっているという噂を聞きました。
浦和レッズ恐るべし・・。
まさか、最近のチームの不調に抗議して応援ボイコットなんて・・・ないですよね(笑)
とにかくアルウィンで長野県代表のチームと浦和レッズの試合見てみたいですね。
まあその前に愛知代表に勝たないといけないですけど。FC刈谷あたりでしょうか。
中野エスペランサの練習にも参加していた長野市出身の中山も試合に出ているようです。
今年の天皇杯は楽しみです♪ 
JFA公式(第89回天皇杯組み合わせ)


「わんこ」

先日、とあるサッカーファミリーの方から引越しに伴って飼えなくなってしまった「わんこ」の相談を受けました。
親戚を含め飼っていただく方をあたったそうですが、結局見つけられなかったいうことで保健所に向かう直前に自分に声をかけてもらいました。
熟慮を重ねた結果、「飼い主が見つかるまで」という約束で一時的に預かるかることになりました。
預かったわんこはシベリアンハスキーの10歳前後で結構な大型犬ですが、すごく人なつこくて愛嬌のあるわんこです。
自分の家でもわんこを一匹大切に飼っていますが、もう一匹の面倒を見ることは難しい状況です。
わんこを見てみたい方や飼ってもいいよ、という方はぜひ連絡をください。
ペット達は自分の運命を決められません。
心ある方の連絡をお待ちしています!!
090521.jpg