カテゴリー別アーカイブ: プライベート

勉強嫌いだった自分が、最近学ぶことが楽しくなった理由

思い返せば、自分は小中学校では勉強が好きで、勉強してテストで良い点がとれることがとても楽しかったのです。
そんな自分が勉強に冷めてしまったのが、進学校に通った高校時代でした。
そのきっかけが何だったかというと、どこで聞いたのか忘れてしまいましたが、有名大学は「暗記」で入れる、という言葉でした。
それ自体が本当のことかどうか、は知りません。でも物凄く「引いた」のを覚えています。暗記勝負なの?と。
ところが最近、我が家の会社の経営や、クラブのマネージメントを勉強するにつれ、様々なことを考え「マネージする」ということがすごく楽しくなり、漫画とサッカー本以外はほとんど読まなかった本も、自然とたくさん読むようになりました。
自分は日本の暗記勉強の時代は既に終わったのではないか、と思っています。
アメリカのテストは教科書を持ち込みOKの「思考型」だそうです。
超有名国立大学卒の学生が会社で全く使い物にならないなんて話も聞かれますね(もちろんみんなではないでしょうが)
現在の日本は経済情勢が厳しい上に、人口減少化時代が続いていきます。
これからは、様々なアイディアを生み出す能力や、物事をマネージする力が求められているのでしょう。
今回、選挙がありましたが、日本経済の浮揚策はもしかしたら「教育改革」にあるのかもしれません。
だって商品やサービス、様々なノウハウや仕組みを生み出すは「人」なのですから。


人生を前向きに生きるための4つの「言わない」言葉

自分がクラブの運営、そして自分の人生を前向きに前進させていくために「言わない」方が良いと思っている言葉を4つ挙げてみたいと思います。
①「忙しい!」
社会人であれば忙しいのは当たり前。
それをいかに言い訳にせず、時間を作り出し優先順位を確認した上で実行していけるかが大切ですよね。
やる気がない人ほどこの言葉を使って「逃げます」
②「他人の批判」
他人のアラを探し批判をするのは誰でも簡単に出来る自分を「正当化する」逃げの手段です。
そして、他人の批判はいずれ自分への批判という形で帰って来ます。
何か事を成したいと思うのであれば、他人の短所ではなく「長所」を評価できるような「器」でありたいですね!
③「嘘」
自分も何度も経験がありますが、嘘はいずれバレます。
その場はしのげても結局、自分にしっかりと帰ってきて「制裁」を受けることになるのです。
第一、嘘を言った後はHAPPYな気分にはなれませんよね!
④「愚痴」
やれ「不景気だとか」とか、やれ「○○党が悪い」「○○のせいで」など経済情勢が厳しくなった今、大人はこの愚痴が大好きです。
でも、大人が愚痴を言っていて何かが好転しますか?
課題を克服し改善していくためにはこんな言葉に逃げず、常に前向きに出来ることにチャレンジしていきたいですよね!
以上です。
自分は人間が発する「言葉」はその人の人生において大きな力を持っていると考えています。
もっと言えば、その人の人生はその人が常日頃に語っている「言葉」で大きくは決まってしまうと思うのです。
今回の自分が思っている4つの「言わない」言葉が、何かしらでも皆さんが前向きな人生を送る上で参考となれたら幸いです。


【動画】宇佐美貴史がスーパーゴール

ホッフェンハイム、宇佐美貴史の vs シュトゥットガルト戦、3人抜きスーパーゴールの動画です。
宇佐美選手はG大阪JY時代からの「ファン」で気にかけていました。
クラブユース選手権(U-15)全国大会まで彼のプレーを見に試合会場に行きましたからね。
彼独特のやわらかいドリブル、瞬間的なスピード、技術の高さ、は当時から大器の片鱗を感じさせていました。
バイエルンでの不遇時代も彼のサッカー人生にプラスに働くのではないでしょうか。
頑張れ、宇佐美!!


今、自分が関心のあるもの

今、自分がとても関心のあるもの。
それは情報技術( I T) です。
自分は以前からインターネットには興味があって、中野エスぺランサのHPもソフトを使わずプログラミングを勉強して自分で製作、管理するなどしてきました。
ですが、最近改めて I T は大きな可能性を持っている分野だと痛感しています。
今、この瞬間も物凄いスピードで成長していますから。
自分は最近、携帯を iPhone 4S に乗り換え、さらに iPad2 も購入して活用していますが、アップルの「 i 」ワールドは半端ないですね。
正直、 I T 先進国のアメリカに比べれば日本はまだまだ遅れています。
I T は大きな視点でみれば、人類の生活を豊かにするもの、人と人との絆を深めることのできるツールです。
そして日々の生活のあらゆるシーンで活躍できるツールです。
自分は中野エスぺランサの活動でも、様々な場面で I T を活用できないか、考えて研究しています。
例えばU-15の指導の現場でも iPad はもろに活用できますし、クラブの運営に iCloud を活用すれば合理化を図れます。
また当ブログでも I T の様々な活用方法などの情報提供をしていきますね。
25.jpg


信州プロレス in 中野市陣屋前広場

3連休の中日、17日(日)は仕事、家庭サービス、グランドと飛び回った一日でした。
そんな中、お昼休みに子供達を連れて見に行った信州プロレスの動画です。

Youtube中野エスペランサ公式チャンネル
【説明】
2011年7月17日、中野市祇園祭のイベントとして陣屋前広場で行われた信州プロレスの様子です。
子供連れだったため日陰で遠くから撮ったので、リング上はあまりよく分からないかもしれませんが、左のおじいさんが大爆笑している様子はよく分かります(笑)
子供達も喜んでいましたよ。
【注】映像の著作権を心配されるかもしれませんが、主催者から「上から目線のお願いですみませんが、どんどんブログにUPしてください」(笑)と何度もアナウンスしていましたのでご心配なく。
信州プロレスというとプロの興行と思われるかもしれませんが皆さん、ほかに仕事を持っているサラリーマンです。
自分は炎天下の中「長野を元気に」というスローガンでお客さんを楽しませようと頑張っている信州プロレスの皆さんの姿に、中野エスペランサと同じ匂いを感じました。
・自分の愛するスポーツに真剣になっていること
・地域の活性化を目指していること
・全員ほかに仕事を持っているマチュアであるということ
・スポンサーを募って活動していること
・子供達を大切にしていること
信州プロレスさんには今後もぜひ頑張ってもらいたいですし、自分も応援していきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
信州プロレス、すごく楽しかったですし「共感」しました。
来年中野市に完成するサッカー場でサッカーの試合や大会とコラボなんてどうでしょうか。
スポーツがコラボして地域を元気にしていく、そんな企画もどんどん提案していきたいと思います。


長女の健診にて

きのう、3歳の長女の定期健診があったのですが、保健師さんとこんなやり取りがあったらしいです。
保健師さん「今日、おうちの人はどこへ行っていますか?」
長女「にいにい(兄)は保育園、じいちゃんとばあちゃんはお仕事、パパはサッカー!」
カミサン「当たっています」
・・・自分、きのうは猛暑の中、一日仕事を頑張っていたのですが(笑)


エルクラシコ動画(YoutubeサッカーいいねPrivateチャンネル)

今回は自分の「宝物」を皆さんに紹介します。
2005年4月、スペインでの新婚旅行でカミサンと観戦したエルクラシコの動画です。
スタンドから自分がデジカメで撮影しました。
メインスタンド前列の最高の席で世界のスーパースター達が手の届きそうなくらい近くでプレーしていました。
熱狂のサンチャゴベルナべウの雰囲気をお楽しみください。

YoutubeサッカーいいねPrivateチャンネル
【説明】
2005年4月11日に観戦したエルクラシコ(レアルマドリードvsFCバルセロナ)のレアル3点目のゴールの瞬間です。
ロベルトカルロスが高速ドリブルで左サイドを駆け上がり絶妙なクロス。
そこにラウルがダイビングヘッドで飛び込み豪快にゴールを決めました。
レアルのホーム、サンチャゴベルナベウはラウルの魂のゴールに熱狂!!
試合は「銀河系軍団」レアルマドリードがジダン、Cロナウド、ラウル、フィーゴが怒涛の4ゴールで4-2で快勝しました。
バルサのエトー、ロナウジーニョのスーパーゴール、スタジアム・サポーターの雰囲気、すべて「最高」でした!!


テレビを見ない訳

自分がテレビを見なくなった一番の理由はインターネットで様々な情報を得られるようになったためです。
今や誰でもパソコンや携帯で様々な情報を得られるようになりました。
しかも最初は文字での情報(テキスト)だけだったものが動画まで見ることが出来ます。
つまり、テレビを見なくてもパソコンでYoutubeやニコニコ動画で自分が見たい映像を好きな時に好きなだけ見ることが出来るのです。
もし今の自分の生活でテレビがない状態になっても特に不便は感じませんね。
そんなことを言っていると多額をかけて地デジ対応に買い替えたテレビはなんだったのか、なんて思えてきますが(笑)皆さんのご家庭はいかがでしょうか。
さて、自分が何を言いたいのか、また書きますね。


自分の生活の変化

5年前、10年前の自分の生活と今の生活を比べると変わったことがあります。
それは「テレビを見なくなったこと」です。
皆さんはどうして自分がそうなったと思われますか?
仕事、サッカー、家庭にと忙しくなったから?
子供が出来て子育てのためにテレビはあまり良くないから意識的に見ないようにしている?
どちらも若干はあるかもしれませんが大きな理由は他にあります。