カテゴリー別アーカイブ: 長野サッカー

2012北信越クラブユース選手権 (U-15 大会) レポート

自分が作成しました2012北信越クラブユース選手権 (U-15 大会)の レポートが長野県サッカー協会HP技術委員会のページに掲載されました。
同大会での長野県代表チームの戦いぶりと他県関係者との情報交換から、長野県サッカーの4種・3種年代の育成について検証し、提言という形でまとめさせていただきました。
サッカーにも指導方法にも「答え」はありませんが、今回の自分のレポートが長野県サッカーの育成について考える材料になれたら幸いです。
長野県サッカー協会公式(技術委員会:北信越クラブユース選手権U-15視察報告 pdf)


長野県の「フットボールのある週末」に思う

先週の松本山雅FCのJリーグ、アルウィン開幕戦には13,000人を超える観客が集まりました。
同じくパルセイロのJFLのホーム開幕戦には3,000人を超える観客が集まりました。
長野県のサッカー人としてこれだけの多くの方が地元クラブの試合を観戦したということは本当に素晴らしいことですし感慨深いですね。
10年前に今の長野県の状況をイメージできたサッカー関係者はいなかったでしょう。
いよいよ「フットボールのある週末」が長野県でも日常になってきました。
ある山雅のサポーターの方が、山雅が一方的に負けたのだからブーイングをしないようではとダメ、と熱く語っていましが、自分は慌てなくてもいいと思うのです。
あれだけの人が集まって山雅の試合に一喜一憂して盛り上がっただけでも素晴らしいことではないですか。
これから観戦する側も時間をかけて試合を見る目が育っていけばいいと思います。
ヨーロッパリーグのサポーターが選手のプレーに対して的確な反応をするのも100年もの歴史のある「フットボールのある週末」の積み重ねが育てたのです。
パルセイロがJ規格のスタジアムが出来るまでの数年はJリーグに昇格できないことに対して、過度に悲観的な見方をする人がいますが、そんなに悲観的にならなくていいと思うのです。
Jクラブではなくてもあれだけのオレンジのサポーターが南長野を埋めていること自体、素晴らしいことですよね。
サッカー、スポーツが生活の一部となり文化になっていくには時間が必要です。
ワインが時間をかけて醸造され、深い味わいになっていくように。
長い目で長野県の「フットボールのある週末」を楽しみ、おらが町のクラブを育てていきたいものですね。


第5回サッカーカンファレンス長野

先週末は岡谷市で行われた第5回サッカーカンファレンス長野に主催者側の技術委員として参加しました。
カンファレンスには200名を超えるサッカー関係者が参加し、2日間に渡り講義、ディスカッション、トレーニングの実践を行いました。
先日、J2松本山雅の監督に就任した反町監督が記者会見で長野県を「サッカー後進県」と発言されていましたが、長野県サッカーはなにも後ろに進んでいるわけではありません。
今回のカンファレンスにもこれだけ多くの指導者、関係者が何とか長野県サッカーをよくしていくために集まり、2日間に渡って真剣に議論を重ねていました。
長野県サッカーは自信を持って「前進」していくべきだと思います。
きっと反町さんも自分へのチャレンジの意味も含め、そんな前向きな思いで発言されたのでしょう。
長野県サッカーの挑戦は日々続いていきます。
そして自分も微力ながらその力になれたらと心から思います。
参加者の皆さん、関係者の皆さん、2日間お疲れ様でした。
長野県サッカーファミリーみんなで頑張っていきましょう。
29.jpg


長野県サッカーの情報発信に思う

スポーツの秋、3連休はサッカーも様々な大会が行われていましたね。
自分も天皇杯や高校選手権県予選などの結果を調べて当ブログに掲載しました。
その中で調べても分からなかったのが8日に行われた4種(小学生)の県大会、チラベルトカップ1,2回戦の結果です。
少年チーム関係者の皆さんはもちろん、試合結果をタイムリーに知りたい人は多いと思いますし、同様の事は他の年代の大会にも言えますよね。
サッカー関係者の求める情報をスピーディーに提供していく、この事も地域のサッカーを盛り上げるすごく大切な要素になると思います。
ここからは個人的な提案ですが、県協会のHPに大会試合結果の速報サイトを設けたらどうでしょうか。
このIT時代、大会役員の方がIDやパスワードでグランドの本部席から速報を入れることも可能でしょう。
急に長野県サッカーがレベルアップできなくてもそんなちょっとした情報発信のやり方でも長野県のサッカーを変えていくきっかけになれると自分は思っています。


松本で北信越国体

今週末行われる北信越国体で長野県選抜チームの試合が松本で行われます。
【8月20日(土)】
アル芝      11:00~少年男子 長野県選抜 vs 富山県選抜
 
広域サッカー場 13:30~女子 長野県選抜 vs 福井県選抜(代表決定戦)
【8月21日(日)】
アル芝     11:00~少年男子 長野県選抜 vs 石川県選抜
アルウィン   13:30~成年男子 長野県選抜 vs 福井・石川の勝者(代表決定戦)
少年男子(U-16年代)代表には中野エスペランサU-15卒業生、真崎亮太(松商学園1年)がメンバー入りしています。
本国体出場を目指して戦う、我らが長野県代表の試合をみんなで応援に行きましょう。
さて、毎年思うのですがメディア等で国体の試合のアナウンスが本当に少ないと思います。
また県協会HPにも国体委員会のページに掲載されていましたが正直見づらかったし、更新日が3月17日になっていて最新のものではありません。
情報があれば応援に行ってみようと思う人も少なからずいるはず、です。
ちょっとした情報発信のやり方で長野のサッカーを取り巻く環境だって変わってくる可能性があると自分は思うのです。


アルウィンでキリンカップ

来月6月4日(土)にアルウィンでキリンカップ、ペルー代表 vs チェコ代表戦が行われます。
残念ながら日本代表は来ませんが、それでも長野県でヨーロッパと南米の代表の試合が見れるのは素晴らしいことです。
個人的にはペルー代表のストライカー、ピサロ(ブレーメン)とチェコ代表の天才、ロシツキー(アーセナル)を生で見てみたいですね。
でも2人とも来日するのかな、、、なんて心配してみたり(笑)
日本サッカー協会公式(キリンカップ2011)
6月1日(水)新潟ビッグスワンでナイター開催の日本代表戦の試合も行けないこともないかな、、、なんて思ってみたり(笑)


岡田武史氏講演会

岡田武史、前日本代表監督の講演会が5月21日(土)17:00~19:00に篠ノ井市民会館にて行われます。
講演会案内
南長野青年会議所公式(講演会申込)
W杯の舞台裏の話なども聞かれるのかなと思うと興味深いですね。
自分も都合がつけば参加したいと思います。


八幡屋礒五郎、パルセイロ缶

先日、パルセイロのスタッフの方に八幡屋礒五郎のパルセイロJFL記念缶をいただきました。
0125b.jpg
自分も寒い時期は特にお味噌汁などの汁物で礒五郎さんにお世話になっています(笑)
先日、パルセイロのユニフォームスポンサー決定のアナウンスがHPでされていましたね。
今シーズン、八幡屋礒五郎さんはレディースチームのユニフォームに社名が入るようです。
どうしてもJFL1年先輩の松本山雅の話題が先行している感はありますが、同じ北信のクラブであり、お世話になっている方も多いパルセイロ。
JLFの舞台で七味のようにピリリと存在感のある戦いぶりを期待しましょう。
AC長野パルセイロ公式


長野県サッカー新時代

昨日、今年長野県から松本山雅、長野パルセイロの2クラブが参戦するJFL(日本フットボールリーグ)の1、2節の日程が発表されました。
2年前までJFLに参戦できるチームがなかった長野県が、この2年で2つのクラブが全国リーグの舞台に旅立ちました。まさに長野県サッカー「新時代」ではないでしょうか。
よく、長野県はサッカー後進県なのだから2チームは合併して1チームにした方がいい、と言われるし、長野県サッカー協会が両クラブに合併の働きかけをした経緯も信毎に載っていました。
自分も富山県のJFLだった2クラブ、YKK、アローズ北陸(北陸電力)が合併し、現在J2のカターレ富山が誕生したニュースを聞いた時、長野県も合併した方が良いのでは、と思ったこともありました。
でも今、自分はこう思います。
面積の広い長野県で地域の離れた2大都市にそれぞれJを目指すクラブが存在し、お互いに高め合う中で県内のサッカー熱が高まっていくことは、むしろ「長野モデル」?じゃないですけど良い方向に行く可能性があるのでは、と。
Jリーグの理念であり、サッカーの大きな魅力の一つは「おらが町のクラブ」を応援することです。
自分達はどうしても長野「県」を意識してしまうけど、サッカークラブのベースは「県」ではなく「都市」「町」です。
そこはプロ野球と違うところですよね。野球のグランセローズのような県民球団という考え方でなくていいと思うのです。
もっと言えば、長野県は山が多く、それぞれの「盆地の文化」が歴史を重ねてきました。
松本は松本城、長野市は善光寺、という分り易いそれぞれの町づくりのシンボルもありますよね。
平地が多く県庁所在地の富山市に集まりやすい富山県とは環境的にも違うでしょう。
また長野の両雄が激突する「信州ダービー」はエルクラシコ(バルセロナvsレアルマドリード)、多摩川クラシコ(フロンターレvsFC東京)などのように長野のサッカー活性化の起爆剤になるかもしれません。
もちろん、スポンサーの獲得などお金の面を考えれば合併という考えも理解できます。
でもこの前の松田直樹のコメントじゃないですけど「お金じゃない」たくさんの魅力があるのが我々の愛するサッカーというスポーツです。
今年の長野のサッカーを熱くする松本山雅、パルセイロ、両クラブの大活躍に期待しましょう。