カテゴリー別アーカイブ: 指導者

ヨルダン女子代表、沖山監督の挑戦

今週の週刊サッカーダイジェストでヨルダン女子代表を率いる沖山雅彦監督の特集が掲載されていました。

沖山さんには大原学園女子チーム監督時代に大変にお世話になり、フットボールにかける「情熱」を感じて影響を受けました。

今回、5月には同国初出場となるAFCアジアカップで日本代表と同グループとなり「本国」との対戦があるとのこと。

日本を遠く離れたヨルダンの地で奮闘を続ける沖山さんの活躍には、同じ指導者として大きな刺激を受けますね。

頑張れ、沖山監督!!


「憧れ」は「負けん気」を上回る

半年ほど前にラジオで聞いた、あるスポーツ指導者の方が語っていた「言葉」を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

憧れを与えられるかが大切

本当に負けん気が強い人は大一番で負けることへの恐怖から勝負を避ける

強い憧れを持っている人は負けても負けても向かっていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても考えさせられた言葉で、携帯のメモにずっと残してあります。

自分も指導している子どもたちに「憧れ」を与えてあげたいし、中野エスペランサも地域の子どもたちの「憧れ」となれるようなクラブに成長していきたいですね。

ちなみに自分の憧れのサッカー選手は子どもの頃から三浦知良、憧れのクラブはFCバルセロナです!


風間八宏氏、指導者講習会

昨日は長野市で開催された風間八宏さんの指導者講習会に参加しました。
サッカーのいう競技の捉え方、試合で必要な技術とは何か、など大変勉強になりました。
また、夜の懇親会でもたくさんお話を聞くことが出来ました。
すぽるとや試合での解説のように、話の引き出しの多さ、説得力は「さすが」の一言。
また、さらにサッカーが好きになっちゃいましたね(笑)
長野市サッカー協会、技術委員会の皆さん、中野まで声をかけていただき、ありがとうございました。
12a.jpg
12b.jpg


風間八宏氏、指導者講習会

長野市サッカーフェスティバルの指導者交流会で風間八宏氏の指導者講習会が行われます。
是非、中野市の指導者の方も参加してください、とお誘いいただきました。
申込の締切は今日までとなっていますが、まだ受け付けてくださるそうです。
自分も風間さんのテレビ解説はすごく好きで、指導本も何冊か持っています。
今回のテーマは「U-13までに身につけたい本当の技術とは何か」ということですので、どんなレクチャーをされるのか、楽しみですね。
長野市サッカーフェスティバル・指導者講習会(ご案内)


再会

皆さん、おはようございます。
長野県クラブ選抜U-14の茨城遠征の3日目に帯同しています。
きのうは宿舎で嬉しい再会がありました。
同じ宿に泊まっていた堀越高校の佐藤実さんです。
佐藤さんは松商学園のコーチ、長野エルザ(現、AC長野パルセイロ)の監督を務められるなど長野県で活躍されました。
佐藤さんには自分も色々とお世話になり長野を離れた後も電話で情報交換をしたりしていて、当然きのうは夜遅くまでサッカー談義に花が咲きました。
フットボールにかける情熱は「さすが」でしたね。自分もパワーをもらいました。
今日、中野エスペランサU-15は国立競技場で高円宮杯U-15決勝と天皇杯準決勝を観戦します。
関東は天気がいいので良い観戦ができると思います。
それでは試合に向かいます。
101229a.jpg


指導者こそすべて

きのう、指導者の資料のまとめをしていると今年1月に行われたサッカーカンファレンス長野の時に取ったまとめのメモが出てきました。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
指導者こそすべて
人が人を動かす。人が事を動かす。
組織や形を作っても人が心を入れなければ何も生まれない。
「思い」や「心」を共有する。
長野、中野から日本代表を・・
信州、中野から世界で活躍する選手を・・
それを応援し喜びを分かち合うサッカー仲間を・・
スポーツを愛し、人を愛し、社会に貢献できる人を・・自分達が育てる!!
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
・・・どんな時も情熱と大きな夢を持ってサッカーに携わっていきたいものです。


本田圭佑の発言に思う

きのうのU-15の練習後のミーティング時に南アフリカW杯日本代表、本田圭佑の「守備したくない」発言について選手達に話をしました。
自分がもし日本代表監督であったならばチームコンセプトの全員攻撃、全員守備を否定するような発言をする選手は使わないし、中野エスペランサでも守備をサボる選手は試合で使わない、と話をしました。仮に今回の件が彼のパフォーマンスであったとしても、です。
現代のサッカーではどのポジションであっても守備を免除される選手はいません。若気の至り、と言ってしまえばそれまでですが、ビッグマウスと呼ばれる選手の発言がユース年代での選手に与える影響は大きいと思い、警戒しています。
サッカーは個人スポーツではなくチームスポーツです。自分の特徴を出したいのであればチームコンセプトの延長でそれを出せばいいのです。
そうは言っても勢いのある本田には期待しています。彼の「いい意味での」躍進を期待しましょう。


サッカーカンファレンス長野1日目

第4回サッカーカンファレンス長野1日目のレポートです。
千曲市観光会館で県内の活動報告、飽田技術委員長の講演、布さんの講演、テーマ別のディスカッションが行われました。
100130a.jpg
午後16:00からは会場を千曲市人工芝サッカー場に移しGKプロジェクトメンバーとナショナルトレセンGKコーチ大橋さんの指導のもと実技指導が行われました。
100130b.jpg
夜には懇親会も盛大に行われました。写真奥は挨拶する布さんです。
100130c.jpg
長野県中から200名を超えるサッカー仲間が集まり、長野県サッカーを高めていくために様々な取り組みが展開されました。中野からも中野SSSの町田監督、湯本コーチ、高丘FCの柳本コーチが参加されてましたね。
自分も一日を通じて多くの情熱のある指導者の皆さんと交流を持つことが出来てとても勉強になりました。クラブU-15の選手達やコート陣にも働きかけられるたくさんの「言葉」もノートにしっかり書き留めてあります。また紹介していきますね。
2日目も指導実践、講義にと有意義な一日になるように頑張ります!!


カラダと動き

最近真剣に読んでいる本があります。これです。
100129.jpg
この本はトップチームの選手でU-15のコーチも兼任している佐藤選手(シュガー)から借りました。
トップアスリートが最高のパフォーマンスをするために、どんな意識でどんな体の動かし方をしているのかを科学的に紹介した本です。
高岡英夫さん、あなた、最高です(笑)
本当に勉強になりました。サッカーの動きに大いに使えます。
佐藤コーチはU-15の練習の1対1のトレーニングで選手達に、なぜ北島康介がスタート台に立つ前に手足をブラブラさせているのか、という問いかけをしながら体の使い方について熱くレクチャーしていました。
指導者は日々勉強ですね。また参考になる本、紹介しまーす。