Vol.15 北信越リーグ開幕

先週からトップチームが北信越の舞台でのリーグ戦がスタートしました。初戦は、北信越でも群を抜いて遠方にある福井県での試合。選手達は慣れない環境の中でも土壇場で追いつき勝ち点1をもぎ取ってくれました。

試合中、ベンチで見ていて素直に感じた事は、北信越リーグは楽しい!!ピリッとした空気の中で公式戦を戦う事が凄く楽しいと感じました。まぁ、僕は実際にプレーしていないからなのかもしれませんが・・・

今週末は、ホーム(中野市多目的サッカー場)初戦です。僕に出来る事は、選手達に今ある環境の中で最高の舞台を用意する事。福井の地で感じたような舞台をしっかり準備する事。精一杯頑張ります!!

U15チームの話題も一つ。

トップリーグ開幕後、なかなか思うような結果を残せていない事が多いU15チームですが、精一杯努力を重ねています。少しずつチームの雰囲気も戦える集団へと変貌してきました。こちらも僕なりに出来る事を精一杯頑張ります!!

皆さん、変わらなぬご声援をよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

TOP試合情報

4月19日(日)13:00キックオフ  中野市多目的サッカー場 対FC北陸            4月26日(日)11:00キックオフ 鳥屋野球技場(新潟) 対ASジャミネイロ

U15試合情報

4月25日(土)12:00キックオフ 須坂福島G 対須坂ヴェンセール               4月29日(水祝)10:00キックオフ 須坂福島G 対アンビシオーネ松本

 

 

Vol.14 プロレス大好き〇木君

先日、U15の卒業生で高校卒業を控えたOB達がフットサルをするというので、少しの時間参加してきました。高校進学でバラバラになってもこうして連絡を取り合って皆で集まれるのっていいなと思います。

そんなOBの1人に、なかなか会えなくて、ずっと気になっていた選手がいたのですが、その日ようやく会う事が出来ました。彼とのエピソードは数々あるのですが、その1つを紹介します。

彼は、チームでは、本当に目立たない選手でした。集合時にはいつも監督の遠くにいるようなそんな選手。当時エスペに来てまだ間もなかった僕は、彼と話しをした事がありませんでした。ある日、県外遠征の帰り道、バスの窓際の席でカーテンで顔を隠している姿を目撃した僕は、いじってやりたくなりちょっかいを出しました。そこで彼はなんと!こっそり「プロレス」の動画を見ているではありませんか!?

しかも・・・『グレート・ムタ』(驚)そう‘毒霧’のグレート・ムタです!!!

プロレス好きの僕は、それ以降、彼と練習後にプロレス談義に花を咲かせたり、遠征の帰り道に一緒に動画を見る事もありました。もちろん、練習や試合時には、かなり怒った事もありますが、、、。プロレス同盟を結んで卒業して行った彼は、長野市内にある私立高校へと進学し、なんと、弓道を始め、高校総体や国体等で活躍する全国トップクラスの弓道家に変身していました。

何故、弓道なのか理由は定かではありませんが、もの凄い変身っぷりです(驚)そう、それはまさに、武藤敬司からグレート・ムタへと変身するかのよう(笑)

今は、弓道の名門大学への進学も決まり日々練習に励んでいるようです。プロレス大好きユウスケ君は、とあるローカルな大会で負けて悔し涙を流していた姿を見た事もあります。弓道の事は全くわかりませんが、内に秘めた熱い思いを持っている彼の今後の弓道人生、弓道道?を応援していきたいと思います。

その日、集まった卒業生たちもそれぞれの道に進みます。大学に進学しサッカーを続ける者や専門学校でIT関係の勉強をする者・警察官になる者等様々。今度会う時は、お酒が飲める歳になっていると思うので、普段全く飲まない僕ですが、吐くまで飲みたいと思います(笑)

DSC_0474

vol.13 名将の言葉

勝つ事が全てではない、勝つ為に努力する事が全てである。

フットボールはフットボールでもアメリカで絶大な人気を誇るアメリカンフットボール。その最高峰NFLのチャンピオンチームを決める試合『スーパーボウル』の勝者に贈られるトロフィーの名前になっているNFLの伝説的な名将『ヴィンス・ロンバルディ』さんの言葉です。

ここ数日、この言葉の意味を凄く考えさせられています。というのも、U15チーム全体に漂って雰囲気があまりにも良くないと感じるから、、、、

何の為にサッカーをしているのか?個人個人いろいろな理由があると思うけど、夢や目標を持たずに練習や試合をして何の意味があるのだろう。

確かに、気の合う仲間と楽しく和気藹々と何でもいいよいいよとサッカーを楽しむ事も人生において大いに糧になり財産になると思う。

だけど、だけど、、それで心の奥底から湧き上がってくる嬉しさや悔しさが味わえるのだろうか、、、そういう言葉では表現出来ない経験こそ人生の糧になり財産になると思う。一所懸命努力する事で、大切な家族や人との絆が深まるんだと思う。

今現在、こういう雰囲気になっているのは、僕も含めスタッフの責任によるところが大きい事も事実。よく卒団生がチームに戻って来ないと嘆く。けれど、選手達にそういう経験をさせてあげれているのだろうか、、、僕らは大袈裟かもしれないけれど、彼等の人生を預かっているのだから、もっともっと彼等に向き合うべきだ。

ホワイトリンクの片隅でそんな事を考えた週末でした。

 

Vol.12 子供から大人に

2015年も早いもので1ヶ月が過ぎようとしています。なかなか更新が出来ていませんが、2015年もよろしくお願い致します。

先日、以前コーチをしていた長野市の某ジュニアチームの卒団生と会ってきました。チームの練習拠点1つ、国道18号沿いのゲームセンターの奥にある知る人ぞ知るその名も『倉庫』にて白熱したミニゲームで汗を流してきました。

この倉庫は、下はコンクリートですが、フットサルコート半面くらいの広さがあり、当時は、ほぼ毎日、練習中、日が落ちて暗くなったら薄暗い倉庫に移動し練習に励んでいました。そんな日々を送っていた小学生も早いもので高校3年生となり見違えるような大人の男に成長していました。

卒団生の中には、今年の全国高校サッカー選手権大会にて静岡県代表として活躍した選手や石川県代表の優勝校で頑張った選手、18歳ながら社会人として立派に仕事をしている選手等様々。この倉庫から巣立っていった選手がそれぞれの舞台で活躍している姿に嬉しくなりました。

そんな彼等の人生に少しでも携わる事が出来た事に感謝です。

下の写真は、何せ薄暗い倉庫で撮った写真なので、写りが悪いですが、皆当時と変わらないいい笑顔をしています。

またこの倉庫で皆と熱い熱い戦いが出来るように、自分もこれから彼等に恥ずかしくないような活動をして行かなければと思います。

2015年、精一杯、頑張ります!!

1422519977501

 

 

 

Vol.11 キャプテン○○○君

ものすごーく久しぶりの更新になってしまいました・・・。

中野市サッカー場で行われていた北信高校サッカー新人戦大会を少し観戦に行ってきました。

中学時代、半袖のユニフォームを着ていても長袖に見えていた某サッカー漫画の主人公と同じ名前の彼が驚くべき成長をとげていました。

すごく大人しくて味方を鼓舞する姿を見た事がなかった彼ですが、緑色のユニフォームを着て10番を背負い、腕には、キャプテンマークを巻いて大声で味方を鼓舞している姿がありました。以前から彼がキャプテンをしている事は聞いていたのですが、ここまでチームの中心的存在になっているとは想像もつきませんでした。

そんな彼は、中学時代、すごく考えながら努力をしていた印象があります。身体も小さいし、技術的にも決して上手くなかった彼ですが、高校サッカーの世界で大きな成長をしている姿に彼に携わった1人の人間として、もの凄く嬉しくなりました。

試合後、彼と話しが出来たのですが、照れくさそうに笑っている笑顔に癒されました。

これからも頑張れ!!キャプテン ツバサくん(笑)

北信ベスト4に残ったチームには、コーチとして携わったことがある選手がそれぞれのチームで責任のある立場やポジションを与えられてチームの中心として戦っていました。

どの選手も大きな成長を遂げ、魅力溢れる1人の男になっていました。

最近、いろいろな事に悩んでいたのですが、そんな彼らの姿や笑顔に勇気とパワーももらう事が出来ました。

U15の3年生も新しい世界に飛び込む時期に来ました。自分の信念を貫き、内に秘めている目標に向かって努力を重ねていってほしいなと思います。

vol.10 リーグ開幕!!

かなり久しぶりの更新になってしまいすみません・・・。

さて、4月に入り各カテゴリーのリーグ戦が始まります。U15チームはトップリーグ2部の舞台で4月6日(日)から戦いがスタートしました。長い長いリーグ戦のはじまりです。

2試合を終わって1分け1敗と苦しいスタートになってしまいましたが、徐々に選手達も変わりはじめてきて、これからの戦いが非常に楽しみです。U15トップリーグ2部は下位3~4チームが地区リーグへ降格してしまう厳しいリーグですが、後輩たちに全県でのリーグ戦の舞台を残せるように3年生を中心にチーム全員で精一杯リーグ戦を戦いたいと思います。

社会人のトップチームは5月11日(日)に中野市多目的サッカー場にて今年の県リーグ1部が開幕します。昨年惜しくも北信越リーグを逃したトップチームは昨年以上にトレーニングに励んでいます。

昨年同様、また慌ただしい1年がスタートしました。自分も全力で頑張ります!!

そんなこんなでなかなかブログの更新が出来ませんが、今シーズンもそれぞれのカテゴリーで全力で戦う中野エスペランサを応援よろしくお願い致します。

 

◆第35回長野県フットボールリーグ1部 開幕戦◆

5月11日(日)中野市多目的サッカー場 対日精樹脂工業 10:00キックオフ

 

 

 

Vol.9 本年もよろしくお願い致します。

大変、遅くなりましたが、2014年最初のブログ更新です。

2014年も自分なりに精一杯、クラブの為、子供たちの為に汗を流して、元気いっぱい、「熱く・激しく・面白く」頑張りますので、どうか温かいご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。もちろん、このブログも更新回数を増やしていこうと思います。

新年もあっという間に半月経ってしまいましたが、皆さんにとって実りある充実した1年になりますように、影ながら応援させて頂きます!!

Vol.8 7年ぶり9回目の選手権大会

先日、母校の帝京第三高校が第92回全国高校サッカー選手権山梨県大会を見事に優勝し7年ぶりに選手権大会の出場を決めました!!

もう十何年も前の話しだけど、自分は、高校生の頃、選手としては全然ダメで、3年生の時に当時の監督からマネジャーをやってくれないかと話しをもらい、チーム全体をサポートする役割を与えてもらいました。マネージャーとしてただ、水汲みや雑用をするだけではなく、様々な役割を与えてもらい、いろんな経験が出来ました。その事が今の自分にとって本当に大きな大きな財産になっています。今、自分がこうしてサッカーやスポーツに真剣に携わっていられるのも、山梨の超がつくほどの田舎町での経験があったからこそ。母校が選手権出場を決めて、改めて当時の事を思い返すと一番大切な事・自分の中で絶対に無くしてはならないものを再確認できました。

1回戦、12月31日の大晦日に三ツ沢競技場で香川県代表の香川西高校と対戦する帝京第三高校。全国の舞台で ‘帝三魂’ を見せてくれるような活躍を応援したいと思います!!

もちろん、長野県代表の松商学園にも注目です!

改修工事前最後の国立競技場を中心に行われる今選手権大会。高校生に戻った気分で満喫していきたいと思います。

Vol.7 残念・無念・感謝・感激

今月は、自分の中では、激動と葛藤・そして感激の1ヶ月になりました。

U15の3年生が、あっという間にエスペランサ最後の活動となるフットサル大会を迎えている中、TOPチームは大切な北信越チャレンジリーグの真っただ中。それ以外にもクラブの活動が重なり、ぶっちゃけ今日はどのカテゴリーだったけか?とIQの低い自分は毎日知恵熱が出まくりの日々・・・。有難い事なんですけどね。

U15チームのフットサル大会にも1日目だけの帯同になってしまい、選手・ご家族のみなさんには、最後までチームの活動を共にできず、正直申し訳ない気持ちでいっぱいでした。2日目のトーナメント戦に残念ながら敗退してしまい、3年生最後の瞬間にコーチとして帯同できない事は自分も多くの葛藤がありました。そんな感じの今シーズンだったので、伝えたい事の半分も伝えられないまま卒業になってしまいましたが、それぞれの未来に向かって楽しく・厳しくサッカーと向き合っていってもらいたいなぁと思います。

TOPチームは、北信越チャレンジリーグ3位となり、目標の昇格を手に入れる事が出来ませんでした。勝ち点1点差。たかが1点。されど1点。この勝ち点1が選手・スタッフそれぞれ足りないものがあった結果なんだと思います。北信越クラスのリーグを戦う土台がまだ出来てないんだと言われているような気がします。自分も強風吹き荒れる悪天候の試合を運営したり、多くの試合を運営できたの事は、財産になりました。最終戦には晴天にも恵まれ多くの方に中野市多目的サッカー場に足を運んで頂きました。本当に感謝・感謝です。

小さな団体のエスペランサ。地域の皆さんに何が出来るのか。やっぱり僕らにはサッカーしかないんだなと。このサッカーというスポーツを真剣に、一生懸命に頑張っていきゃなきゃいけないだと改めて感じた時に、なでしこサッカースクールが今年の最終日を迎えました。年間通して6名の方々に参加してもらい、本当に楽しそうにサッカーをプレーしてくれました。よその団体からみれば、参加者6人しかいないの?って言われそうだけど、このスクールを通じて年齢も職業もバラバラなのに、仲間になり、サッカー以外の場所でも遊ぶような関係になってもらえたそうです。これこそ、僕らが出来る事なんだと本当に勇気と元気をもらいました。

やっぱり地道にコツコツ一生懸命。すこしでも皆さんが楽しい・嬉しい時間をすごしてもらえるように自分も頑張ります!!

P.S 3年生、お疲れさま!!最後まで怖い理不尽なコーチだったと思うけど、大人になったら一緒にお酒でも飲もう!!

 

Vol.6 北信越チャレンジリーグ初挑戦!!

またまた、かなり久しぶりの更新になってしまいました・・・。 すみませんm(_ _)m

今月から、エスペランサトップチームは、ご存じの通り、北信越リーグ昇格を目指して北信越チャレンジリーグに初挑戦しています。

第3節を終え1勝2敗と苦しい戦いが続いていますが、北信越チャレンジリーグに参戦して改めて感じる事は、人の温かさです。

第1節は遠く新潟のアルビレッジまで、東京・横浜から太鼓を叩き・声を張り上げチームを応援してくれる方が来てくれました(驚) U15の選手も新潟遠征の試合後に駆け付けてくれ横断幕の設置や一緒にチャントを歌ってくれていました。試合開始前、そんな光景を目にした時には熱いものが自然とこみあげてきました。

第2節のホームゲーム開催に至っては、中野西高校のサッカー部の皆さんが全面的に協力をしてくれて、本当に有難かったです。当日はあいにくの土砂降りの雨。それでも生徒さんたちは、朝からテントの設営や会場準備・試合中は嫌な顔一つせずにボールパーソンや担架隊等をスムーズにこなしてくれて本当に感謝・感激でした。サッカー場の管理をしている体育協会さんも無理なお願いにも関わらず、親身になって協力して頂き、力になってもらい感謝しています。

また、悪天候にも関わらず、沢山の方が応援に駆け付けてくれて、チームを支えてくれていました。北信越クラスのゲームを開催する難しさを感じましたが、もっともっと多くの人にこういう試合を届けたいと思える1戦でした。

勝負事なので、結果がでるときもあるしそうではないときもある。だけれども大切なのは、いつも変わらずしっかり準備をして今の環境の中で最高の舞台を用意する事。それが、これからの自分に課されている使命の1つなんだと強く感じています。

チャレンジリーグも残すところあと2試合。最終戦はホーム‘中野市多目的サッカー場’で開催予定です。最後に笑っているのは自分たちと信じて、自分の出来る事・やななければならない事を精一杯頑張ろうと思います。